Apple、スマートタグ「AirTag」を正式発表。「AirTag」の発売日や仕様などの特徴まとめ

AirTag 画像

Appleは、スペシャルイベントSpring Loaded.において、以前からのあったスマートタグ「AirTag」を正式発表しました。

「AirTag」は紛失した際に「探す」ネットワークで簡単に見つけることが可能なアクセサリーで、U1チップを内蔵し、正確な距離を把握することが可能です。キャッチコピーは「見つける天才」。

「AirTag」にはスピーカーが内蔵されており、「探す」アプリから音を鳴らすことで紛失したものを探すことが可能となっています。

用途は鍵や鞄、財布などからペットに取り付けておくなど、なくしたくないモノに何でも取り付ける事ができ、使い方は無限大です。

価格は、1つ3,800円(税込)、4つで12,800円(税込)で予約は4月23日午後9時から開始し、4月30日から発売開始です。また、無料で本体に名前や絵文字などを刻印する事も可能となっています。

AirTagの特徴

AirTagの特徴やサイズを簡単にまとめました。

AirTagが使えるデバイスは?

AirTagを使うためにはiOS 14.5以降を搭載したiPhone SE、iPhone 6s以降、iPod touch(第7世代)、iPadOS 14.5以降を搭載したiPad Pro、iPad(第5世代以降)、iPad Air 2以降、iPad mini 4以降が必要となります。

iPhoneの場合、iOS14.5をインストールしたiPhone SE、iPhone 6s以降のデバイスが必要

また、AirTagが近くにある時に超広帯域テクノロジーを活用して、AirTagまでの距離と進む方向を表示し、AirTag場所を正確に案内してくれる「正確な場所を見つける」機能はiPhone 11以降のデバイスが対応しています。

「正確な場所を見つける」機能の対応デバイス
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 12、iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max

AirTagの仕組み プライバシーは大丈夫?

AirTagは、近くにある「探す」ネットワーク上のデバイスが検知できるように、安全なBluetooth信号を送信し、信号を受け取ったデバイスは、AirTagの位置情報をiCloudに送信する仕組みで「探す」アプリを開きマップ上で確認できるようになっています。

また、このプロセスは完全に匿名で行われ、AirTagの場所を中継するデバイスは匿名を保たれ、送られる位置情報は最初から最後まで暗号化されるので、AirTagがどこにあるか、AirTagを探す手伝いをしたデバイスが誰のものなのか、Appleでさえも知ることはできないようになっており、プライバシーが守られる事になっています。

AirTagの本体バッテリーは交換可能

本体バッテリーは一般的なリチウムコイン電池CR2032が使用されており、ユーザー自身が簡単に交換できるようになっています。通常1年以上使えるように設計されており、交換タイミングはiPhoneから通知されるようになっています。

AirTagは防水性能

AirTagは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、IP67等級に適合しています。(最大水深1メートルで最大30分間)

簡単にペアリングして使用可能

AirTagのペアリング

AirPodsのように簡単にペアリングする事ができ、独自の名前を設定する事ができるため、複数使用する場合は、わかりやすい名前を設定しておく事でアイテムの管理がしやすくなります。

AirTagのサイズ

AirTag 無料刻印 画像

AirTagの本体は直径が31.9mmで厚さ8mm、重量11gとペットボトルキャップと同等のサイズとなっています。また、Appleで購入すると、本体に無料でイニシャルなど名前や絵文字などを刻印する事も可能となっています。

  • 直径 31.9mm
  • 厚さ 8mm
  • 重さ 11g

持ち手がないため、取り付けには専用ケースが必要となっており、純正レザーキーリングHERMESのレザーキーリングBelkin製のアクセサリーが用意されています。

AirTagの使用にはケースが必要

安価でAirTag用のケースを探したい方はすでにAmazonにおいても、多数のケースが発売されていますのでご確認を。

さいごに

以前から噂があったもののなかなか発表されなかった「AirTag」がようやく発表されました。

  • 予約開始は4月23日午後9時
  • 発売開始は4月30日

驚いたのはその価格で、ひとつ3,800円と想像していたよりも安い価格設定となっています。ケースは別に買う必要がありますが、Amazonで安く買うと4,000円程度で収まります。

モノをよく無くすiPhoneユーザーは持っておいて損はなさそうです。

sourceApple