Amazon、Echo StudioとEcho Show 15に新機能を導入するアップグレードを発表。Echo Studioの新カラーモデルも発売開始へ

「Echo Studio」と「Echo Show 15」

Amazonは、2022年9月29日(木)、「Echo Studio」と「Echo Show 15」の音楽やエンターテイメント体験をアップグレードする新機能を発表しています。両モデルとも、無料ソフトウェアアップデートで新機能を使うことが可能となります。ソフトウェアアップデートの実施時期については、改めて案内があるとのこと。

それぞれ詳細は以下より。

Echo Studioに空間オーディオ処理技術を搭載

Echo Studio

Echo Studioは、新たな空間オーディオ処理技術を搭載し、低音域がさらに強化され、深みの増した低音でより没入感のあるサウンドを提供。さらに新色としてグレーシャーホワイトの予約販売が開始されます。

ステレオ音源を強化するために設計された空間オーディオ処理技術では、デジタル処理を用いることで音の奥行きや明瞭度、臨場感を向上し、より没入感のあるサウンドで音楽や映画を楽しむことができます。

Hi-Fiステレオ音源の再生時には、ボーカルはより中央に、楽器はより側面に定位し、没入感のある立体的な音を作り出し、アーティストの意図を再現するオーディオ体験を提供。さらに、周波数帯域の拡張により、より優れたパフォーマンス、中音域の明瞭度の向上、より深い低音を実現。既に採用されているDolby AtmosとSony 360 Reality Audioに加え、これらの機能強化によってより上質な音楽体験をユーザーに提供するとのこと。

Echo Studioは、今回新たに販売されるグレーシャーホワイトとチャコールの2色となり、価格は29,980円(税込)。新発売されるグレーシャーホワイトはすでに予約受付を開始しており、発売開始は10月20日(木)となっています。

なお、今回アップグレードされた新機能は、無料のソフトウェアアップデートにより、登録済みのすべてのEcho Studioで利用可能となります。

Echo Show 15にFire TVの機能を新たに搭載

Echo Show 15

Echo Show 15にFire TVの機能が新たに搭載され、幅広いエンターテイメントを楽しむことが可能になります。

既にFire TVシリーズを使用しているユーザーは、利用中のプロフィールとそのプロフィールごとにカスタマイズされたライブラリがそのまま、Echo Show 15の画面で利用可能となり、Echo Show 15で、Fire TVの多彩な映画やドラマ、バラエティなどのコンテンツの中から観たい番組を検索し閲覧することができます。また、人気のアプリや有料コンテンツなども利用可能になります。なお、一部利用できないアプリやコンテンツもあるとのこと。

ユーザーはこれまでと同様に、「アレクサ、力の指輪を再生して」などと言うだけで、見たいコンテンツを見つけることができます。また、新しく追加されるFire TVウィジェットを使うことで、Echo Show 15のホーム画面から、最近使ったアプリやコンテンツ、ウォッチリストに登録したコンテンツなどをすぐに呼び出すこともできます。

Echo Show 15でのFire TVの機能はタッチスクリーンに対応しており、画面をタップしてアプリやコンテンツを探すことも可能になります。また、画面に表示されるオンスクリーンリモコンでの操作、Alexa対応音声認識リモコン(2021年発売 第3世代)をEcho Show 15とペアリングして操作することもできます。

既にEcho Show 15を所持するユーザーは、対応するFire TVリモコンを追加購入することができます。なお、今後新たにEcho Show 15を購入する場合は、Echo Show 15とリモコンのセット販売も予定されているとのこと。

なお、このEcho Show 15でのFire TVの機能は、無料のソフトウェアアップデートにより、登録済みのすべてのEcho Show 15で利用可能になります。