Anker、リモートワークに最適なフルHD Webカメラ「Anker PowerConf C300」を発売

Anker PowerConf C300製品概要

Ankerは本日(2021年5月13日)、Zoom認証を取得したAnkerブランド初となるフルHD対応のWebカメラAnker PowerConf C300を発売しました。

本製品は、リモートワークやオンライン授業等を取り入れた新しい生活様式に合わせて開発されたフルHDウェブカメラという位置づけとなっており、オンライン会議などが増えている現状に適した製品です。

「Anker PowerConf C300」の特徴

「Anker PowerConf C300」はフルHD(1,920×1,080ドット)の高画質で通信相手に鮮明な映像を送信することができ、HDRに対応しているため、逆光や暗い環境でも細部まで明瞭に撮影することが可能となっています。また、最大115°の画角で撮影が可能なため、複数人での会議にも最適となっています。

音声面においても、話し声やチャイム等の周囲の環境雑音を自動で調節する「ノイズリダクション機能」や、異なる音量の入力を均一にする「オートゲインコントロール機能」の登載により、通信相手への均一でクリアな音声送信を実現しています。

さらに、「AnkerWork ソフトウェア」をダウンロードする事で、AI機能により約0.35秒で被写体に自動でピントを合わせる「モーショントラッキング(自動追尾機能)」や、被写体の人数を自動で検知して全員が映り込むよう画角調整する「オートフレーム(自動画角調整機能)」等、環境に合った設定も可能になります。

本製品はZoom Personal Workspace認証を取得しており、バーチャル背景機能など、Zoomとの高い適合性を確保しています。

 

  • フルHD(1,920×1,080ドット)の高画質で通信相手に鮮明な映像を送信可能
  • HDR対応により逆光や暗い環境でも細部まで明瞭に撮影することが可能
  • Zoomとの高い適合性を実現
  • AI機能により約0.35秒で被写体に自動でピントを合わせる「モーショントラッキング(自動追尾機能)」
  • 被写体の人数を自動で検知して全員が映り込むよう画角調整する「オートフレーム(自動画角調整機能)」
  • 付属のプライバシーシールドにより不要な映り込みを防止
  • 「ノイズリダクション機能」および「オートゲインコントロール機能」によりクリアな音声送信が可能

「Anker PowerConf C300」の製品仕様一覧

「Anker PowerConf C300」の製品仕様は以下のとおりとなっています。

サイズ約99 × 30 × 30mm
重さ約127g
接続方法USB Type-C
入力5V = 1A
画質最大1920 × 1080画素
フレームレート最大60fps
視野角78°~115°
対応機種Windows 7 以降 / Mac OS 10.1 以降
通常価格9,990円(税込)

「Anker PowerConf C300」の付属品一覧

「Anker PowerConf C300」の付属品は以下のとおりとなっています。

  • Anker PowerConf C300本体
  • USB-C & USB-C ケーブル (1.5m)
  • USB-C to USB-A 変換アダプター
  • プライバシーシールド
  • 取扱説明書
  • 安全マニュアル
  • 最大24ヶ月保証

Amazonで発売を記念し2,000円オフで販売中

通常価格は9,990円(税込)となっていますが、Amazonでは発売を記念して7,990円(税込)で販売されています。

Web会議用のカメラをお探しの方は是非どうぞ。