Apple、有料配信の視聴・配信ができる「Apple Podcastサブスクリプション」を正式発表

「Apple Podcastサブスクリプション」の概要

Appleは、スペシャルイベントSpring Loaded.において、「Apple Podcastサブスクリプション」を発表しました。

「Apple Podcastサブスクリプション」では、これまでApple Podcastが提供してきた膨大な数の無料番組とあわせて、リスナーが自分のお気に入りのクリエイターが提供するプレミアムサブスクリプションを視聴する事ができます。

この新しいPodcastは来週リリースされる「iOS14.5」で提供が開始され、プレミアムサブスクリプションのコンテンツは5月から世界170以上の国で利用可能となります。この有料コンテンツの価格についてはクリエイターが設定した月額料金を支払う事で視聴が可能となります。

新登場の「Apple Podcasts for Creators」では、クリエイターがPodcast番組の制作方法を学んだり、最新ニュースや新機能について知ることが可能。ダッシュボードには、自分の番組をApple Podcast上で簡単に管理できるようにする新機能がそろっており、番組の提供を予定・管理したり、番組をチャンネルにまとめたり、複数のユーザーやその役割を管理したり、新しいパフォーマンス指標や可視化ツールを利用してリスナーと番組の関わり方を学ぶことができます。

クリエイターは、「Apple Podcasts Connect」を通じて、新たに用意された「Apple Podcasters Program」に登録することが可能。これにより、Apple Podcastでプレミアムサブスクリプションを設定・配信するのに必要なツールにアクセスできるようになります。このツールは、世界170以上の国で年間2,400円で提供され、すでに現在登録可能となっています。

クリエイターが作成したコンテンツは、「Apple Podcastサブスクリプション」にて価格を自由に設定し配信する事ができますが、Appleに価格の30%の手数料を支払う必要があります。なお、この手数料は年間購読に設定した場合、15%に削減する事ができます。

公式Apple Podcasts

Apple Podcasts

Apple Podcasts

公開日: 2012年6月27日 / 料金: 無料

App Store

2021年4月時点の情報です。