Apple、「Apple Watch SE」を正式発表。Appleが廉価版Apple Watchを発売した理由とは

Apple Watch SEの特徴まとめ

Appleは2020年9月16日のスペシャルイベント「Time Flies」で、Apple Watchの新しいモデル「Apple Watch SE」を正式発表しました。

この新しいApple Watchは価格が抑えられている事が特徴で、手軽にApple Watchを入手する事が可能となっています。

安くなっている分、他のApple Watchと何が違うのか気になるので特徴をまとめました。Apple Watch Series 6と比較すると以下の通りとなっています。

  • 血中酸素濃度センサーは非搭載
  • 常時表示ディスプレイは非搭載
  • 電気心拍センサーは非搭載
  • ケースはアルミニウムのみ
  • カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドのみ
  • U1チップは非搭載
  • 急速充電非対応
  • S5チップ搭載

「Apple Watch SE」と「Apple Watch Series 6」の違い

「Apple Watch SE」はSeries 6と同じサイズの大きなディスプレイ、転倒検出機能、コンパス、常時計測の高度計搭載しており、ケースの仕上げ素材やカラー展開が少ない以外はほぼ違いがないように見えます。

性能面での違いを見てみると、搭載しているチップが違っており、S5チップが採用されています。S5チップはSeries 5に搭載されていたチップでSeries 6のS6チップと比較すると処理速度が劣るものの十分快適に使用できる処理能力を持っています。他に急速充電ができないとありますが、常時身につけておきたいApple Watchは急速充電ができないのは不便であると言えます。

他の大きな違いとしては、常時表示ディスプレイができない事血中酸素濃度センサー、電気心拍センサーが使用できない事ですが、心拍数の計測は可能。日本では心電図機能はまだ利用できない状態ですので、あまり大きなデメリットは感じません。また、常時表示ディスプレイは利便性がありますが、バッテリーの持続時間に影響を与えてしまいます。

以上のことから、血中酸素濃度センサーや今後利用可能になると思われる心電図機能がどうしても欲しいという方以外は価格が抑えられた「Apple Watch SE」で十分であると言えます。

価格は「Apple Watch Series 6」が42,800円(税別)からに対し、「Apple Watch SE」は29,800円(税別)から購入できます。価格差は13,000円となっており、この価格差でバンドにお金をかけた方が満足度が高そうです。

Apple Watchはどのモデルがおすすめか

Apple Watch シリーズ一覧

「Apple Watch SE」が投入された事により、現在購入できるApple Watchは、新型の「Apple Watch Series 6」、「Apple Watch SE」、「Apple Watch Series 3」の3つとなっています。

「Apple Watch Series 3」は19,800円(税別)から購入できますが、今後長く利用していくのは少し不安があります。

また、「Apple Watch Series 3」はファミリー共有設定には対応していないので注意が必要です。

結論として、先に書いたように性能を維持しつつ価格を抑えている「Apple Watch SE」がいちばんおすすめできるデバイスであると言えるでしょう。

「Apple Watch SE」を発売したAppleの狙いとは

Appleが廉価版の「Apple Watch SE」を投入した最大の理由はApple Watchの普及率を上げたいためと予想されます。

この記事の中で取り上げたように、ファミリー共有設定に対応しているApple WatchはiPhoneの代わりとなる可能性を秘めています。そこでAppleはApple Watchの価格を抑える事で普及率の向上を狙っていると思われます。

もし、私の子供が小さいなら迷わず「Apple Watch SE」を買うと思います。子供と連絡がとれる上に居場所がわかるのは親としては非常に安心です。iPhoneを与えてしまうと色々と別の心配をする必要がありますが、Apple Watchならばそういった心配も必要ありません。さらに価格面でもiPhoneよりも安い。「Apple Watch SE」は子供向けに最適なデバイスになると言えます。

なお、日本では現時点でauがウォッチナンバーというiPhoneと別の電話番号を割り振ることができるサービスを展開していますが、他のキャリアも今後対応していく可能性があります。

ちなみに、このファミリー共有設定に対応しているデバイスはApple Watch Series 4以降のGPS+Cellularモデルとなっています。

子供向けにスマホを検討している方は選択肢の一つとしてApple Watchを考えてみるのも良いと思います。

関連記事Apple、「Apple Watch Series 6」を正式発表。「Apple Watch Series 6」の特徴まとめ