Apple、「Apple Watch Series 6」を正式発表。「Apple Watch Series 6」の特徴まとめ

Appleは2020年9月16日のスペシャルイベント「Time Flies」で、Apple Watchの新しいモデル「Apple Watch Series 6」を正式発表しました。

Apple Watch Series 6の特徴まとめ

主な特徴は以下のとおりとなっています。

  • 血中酸素濃度センサー搭載
  • 新カラーの追加
  • S6チップ搭載
  • U1チップ搭載、UWB(ウルトラワイドバンド)をサポート
  • 常時表示Retinaディスプレイ
  • 常時計測の高度計搭載
  • 1.5時間でフル充電できる急速充電
  • ファミリー共有設定に対応

一見、大きく変化したところは見当たらないかもしれませんが、処理速度の向上などの性能が大幅に向上しており、特に健康管理面に力をいれているのがわかります。

「Apple Watch Series 6」の主な特徴をまとめましたので購入の参考にどうぞ。

「Apple Watch Series 6」の注目すべき特徴

血中酸素濃度センサーを搭載

Apple Watch Series 6 血中酸素濃度センサー

「Apple Watch Series 6」の最大の特徴がこの血中酸素濃度センサーの搭載。

体がどれだけ酸素を取り込んで体内に供給しているかを知ることで全身の健康状態を把握する事が可能となります。血中酸素濃度の測定は一日を通してバックグラウンドで測定を続けることも可能です。

なお、この機能は、医療目的には使用する事はできず、Appleの公式サイト上でも「医療での使用や医師との相談または診断を目的としたものではなく、一般的なウェルネスとフィットネスのためだけに使えます。」と注意書きがあります。あくまでも健康管理の参考にという事ですので注意が必要です。

すでに「Apple Watch Series 6」を入手し、早速この機能を試してみた動画も出ていましたが測定はなかなか難しそうですね。

参考記事血中酸素濃度について

S6チップ搭載により処理速度が20%向上

Apple Watch Series 6のS6チップ

「Apple Watch Series 6」に搭載されているS6チップは「iPhone 11」シリーズに搭載されているA13 Bionicをベースにしたデュアルコアプロセッサーで「Apple Watch Series 5」に搭載しているS5チップより処理能力が20%高速化しています。

また、U1チップを内蔵し、UWB(ウルトラワイドバンド)をサポートしています。このU1チップは「iPhone11」のAirDropで活用されており、正確な位置情報の把握が可能となっています。今後、発売されると予想されている「AirTags」との連携が期待できそうです。

この他、高度計は常時計測が可能となっています。

新しいカラーの追加

Apple Watch Series 6 新カラー レッド

Apple Watch Series 6 新カラー ブルー

「Apple Watch Series 6」ではブルーとレッドの2色が追加となっており、カラーの選択肢が増えています。

Apple Watch Series 6 ケース仕上げ

ケースの仕上げはアルミニウム、ステンレススチール、チタニウムのケースがラインアップされてセラミックは廃止となっています。

また、バンドはソロループ、ブレイデッドソロループが追加され、スポーツバンド、スポーツループ、レザー、ステンレススチールの6種類から選択する事ができます。

特に新しく追加されたソロループはつけ心地がよくて好評のようです。

常時表示Retinaディスプレイ

「Apple Watch Series 6」はSeries 5と同様に常時表示ディスプレイが可能となっており、Series 5と比べて約2.5倍明るくなっています。

現状で常時表示ディスプレイが可能なモデルは「Apple Watch Series 5」と今回発売された「Apple Watch Series 6」のみとなっています。

急速充電に対応

「Apple Watch Series 6」は急速充電に対応しており、従来よりも20%高速化しています。これにより、約1時間で80%充電でき約1.5時間でフル充電が可能となっています。

ただし、バッテリーの持続時間は従来と変わらず18時間のままとなっています。

ファミリー共有設定に対応

Apple Watch Series 6 ファミリー共有設定

「Apple Watch Series 6」は「watchOS 7」の新たなサービスとして発表されたファミリー共有設定に対応しています。

ファミリー共有設定は家族向けの機能で、これまでApple Watchを使うためには、iPhoneを所持している事が条件でしたが「watchOS 7」では、iPhoneを所持していなくても親のiPhoneとペアリングして使うことが可能となります。

親のiPhoneとペアリングする事によって子供の位置情報を把握できたり、転倒検知や緊急通報機能なども利用できて安心です。

さらにApple Watch単体に電話番号が割り振られ、通話やデータ通信を行うことが可能となります。

日本では現時点、auが対応しており、ウォッチナンバーというiPhoneと別の電話番号を割り振ることができるサービスを展開しています。

子供にiPhoneを持たせるのはまだ早いと思っていても、連絡がとれないのは不便。そんな場合にこのサービスが活躍できそうです。子供がいる家庭ではiPhoneやキッズ向け携帯電話を買うより、Apple Watchを購入した方が良さそうです。

このファミリー共有設定が利用できるデバイスはApple Watch Series 4以降のGPS+Cellularモデルとなっています。

ファミリー共有設定対応のApple Watch一覧

  • Apple Watch Series 6(GPS+Cellular)
  • Apple Watch SE(GPS+Cellular)
  • Apple Watch Series 5(GPS+Cellular)
  • Apple Watch Series 4(GPS+Cellular)

「Apple Watch Series 6」の価格と発売日

Apple Watch Series 6」は2020年9月16日より予約受付を開始し、9月19日から発売となっており、価格は42,800円(税別)からとなっています。

さいごに

Apple Watch Series 6 一覧

今回発表された新しいApple WatchApple Watch Series 6」は性能面が向上した他に健康管理に力を入れているのがわかります。今後、日本でも利用可能になると言われている心電図機能にも対応しています。健康管理をしっかり把握したい方におすすめできるデバイスと言えそうです。

各Apple Watchの比較は以下からどうぞ。

参考記事Apple Watchの各モデル比較表

関連記事Apple、「Apple Watch SE」を正式発表。Appleが廉価版Apple Watchを発売した理由とは