BAT、glo Hyper+の数量限定デザイン「ウィンター・エディション」を発売開始 ー スマートウォッチなどが当たるキャンペーンも

記事内に広告が含まれています。

glo Hyper+ ウィンター・エディション

BATは、加熱式たばこ専用デバイス「glo Hyper+(グロー・ハイパー・プラス)」より、「冒険心をブースト」をコンセプトとした今冬限定デザインである「glo Hyper+ ウィンター・エディション」を数量限定で2022年2月7日(月)より発売開始します。価格は1,980円。

この企画は、より自分らしいデバイスのデザインを楽しみたいというユーザーの声に応えて行われるアーティスト・コラボレーション・シリーズの第1弾。

今回は、スノーボードシーンで活躍するアーティストであるTappy(吉川拓哉)氏とKazuhiro Aihara(相原一博)氏がそれぞれデザインを手がけています。

販売は、全国のgloストアとglo & VELOオフィシャルオンラインショップ。

glo Hyper+ ウィンター・エディション デザイン

Tappy氏が手掛けた「glo Hyper+ Winter Edition Black(グロー・ハイパー・プラス・ウィンター・エディション・ブラック)」は、黄色と青を前面に押し出したデザインでスノーボードの「冒険心」を表現。

Kazuhiro Aihara氏が手掛けた「glo Hyper+ Winter Edition Blue(グロー・ハイパー・プラス・ウィンター・エディション・ブルー)」は、ゲレンデ、雪、青空をモチーフにした青と白を基調としたデザインでスノーボードの「フリースタイル」を表現しています。

この他、「glo Hyper+ ウィンター・エディション」を購入すると、抽選で豪華景品が当たるキャンペーンも実施されます。

glo Hyper+ ウィンター・エディション キャンペーン景品

キャンペーンでは、紫外線量に合わせてレンズの濃さが変化する調光シングルレンズを採用したスノーゴーグル「AXE AX800-SPC VI」や、GPS/GNSS機器メーカー「Garmin」のスマートウォッチ「Venu Sq Music Black/Rose Gold」、3軸のメカニカルジンバルを採用したコンパクトなハンドヘルドカメラ「HACRAY POMi Pocket Gimbal」など、ウィンタースポーツに最適な景品が用意されています。

sourceニュースリリース

タイトルとURLをコピーしました