Google、ドキュメント・スプレッドシート・スライドアプリ版でOfficeファイルの直接編集が可能に。ダークテーマのサポートも開始

Google Office編集

Googleは2019年5月よりデスクトップ版のドキュメント、スプレッドシート、スライドでMicrosoft Officeファイルの直接編集機能を提供していましたが、2020年8月6日、iOS版及びAndroid版のアプリにおいても同機能を提供する事を発表しました。

この記事のポイント

  • ドキュメント、スプレッドシート、スライドアプリでMicrosoft Officeファイルの直接編集機能の提供開始
  • 直接編集機能iOS版は今年後半に提供開始
  • ダークテーマの提供開始。iOS版は今後数ヶ月以内に導入

現在、iOS版及びAndroid版のドキュメント、スプレッドシート、スライドアプリでOfficeファイルを開くと「互換モード」で編集する事ができていますが、直接Officeファイルを編集する事が可能となります。

この機能は今後数週間でAndroid版で提供開始し、iOS版は今年後半に提供を開始するとの事です。

その他の機能として、ドキュメント、スプレッドシート、スライドのAndroid版でダークテーマがサポートされるようになり、暗い場所での作業が簡単になり、バッテリーを長持ちさせることできるようになっています。また、今後数か月以内にこの機能をiOSにも導入する予定と発表しています。

source:Google

Google ドキュメント: 同期、編集、共有

Google ドキュメント: 同期、編集、共有

公開日: 2014年5月1日 / 料金: 無料

App Store

2020年8月時点の情報です。

Google スプレッドシート

Google スプレッドシート

公開日: 2014年5月1日 / 料金: 無料

App Store

2020年8月時点の情報です。

Googleスライド

Googleスライド

公開日: 2014年8月26日 / 料金: 無料

App Store

2020年8月時点の情報です。