iPhoneアプリの『Googleフォト』にぼかし調整機能が追加

iPhoneアプリの『Google フォト』に写真をぼけ具合を調整できる機能が追加されました。

この機能を使うと簡単に一眼レフで撮影したのようなぼかし具合を調節する事ができます。

今回はiPhoneアプリの『Googleフォト』でぼかしのやり方を紹介します。

iPhoneアプリ「Googleフォト」のぼかしのやり方

やり方はとても簡単。

Googleフォトぼかし調整機能

Googleフォトで写真を選択し、上の写真のアイコンをタップします。簡単に画像を変更できる一覧が表示されるのでもう一度同じアイコンをタップします。

Googleフォトぼかし調整機能のやり方

すると「明るさ」、「カラー」、「奥行き」の調節レバーが表示されます。そのうち「奥行き」の調節レバーを動かすことでぼかしの調整ができます。また、写真をタップすることで白い丸が出現します。その部分を動かす事でフォーカス部分を変更することもできます。

注意点

便利なぼかし調整機能ですが、ポートレートモードで撮影した写真しかできません。通常のモードで撮影した写真には「奥行き」の調節レバーが出てこないのでご注意を。

Googleフォトは写真の一覧画面でポートレートモードで撮影した写真かどうかがわからないのでここはすぐにわかるようにしてほしいところです。

ポートレートモードで撮影ができるiPhoneの機種は限られています。ポートレートモードで撮影できるiPhoneの機種は以下の通りです。

  • iPhone7 Plus
  • iPhone8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR

 

まとめ

このようにいとも簡単にぼかし具合の調節ができる『Google フォト』。もう他の写真加工アプリの必要がないのではと思います。無料で容量無制限で写真をバックアップすることもできるので入れておいて損はありません。

Google フォト

Google フォト

公開日: 2015年5月29日 / 料金: 無料

App Store

2018年11月時点の情報です。