Apple、「このAppの共有は取り消されました」と表示されるiPhoneの不具合対応でアップデートの再リリース

iPhoneの一部ユーザーで「このAppの共有は取り消されました」と表示されアプリが使えない不具合が発生していました。

この場合、設定→一般→iPhoneストレージから一旦アプリを取り除き再インストールする事でアプリを使えるようになります。

この問題はアプリ側の問題ではなくApple側の問題でありAppleはアップデートの再リリースでこの問題に対処しています。そのため、アプリのアップデートが大量に来ていますがこの問題への対応なので気にする必要はありません。

なお、この不具合は暗号署名の問題である可能性が高く、アカウントがiCloudファミリーサークルから削除されたかのようにアプリを使用する権利が削除されたことが原因との事です。

source&photo:9to5mac