Apple、iPhone/iPadの最新OS「iOS 13.7」と「iPadOS 13.7」を正式リリース。「iOS 13.7」で注意するところ

9月2日、Appleは「iOS 13.7」と「iPadOS 13.7」を正式リリースしています。

iOS13.7

「iOS 13.7」の変更点

今回のアップデートでは、バグ修正の他にアプリをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができるようになっています。

ただ、この機能は接触確認アプリが提供されていない国や地域を対象としています。日本ではすでに接触確認アプリ「COCOA」が提供されているため、接触確認アプリ「COCOA」をインストールしていない状態で設定しようとすると「COCOA」をダウンロードするように案内されます。

今回のアップデートを行っても接触確認アプリ「COCOA」は今後も引き続き必要となるのでご注意を。

COCOA – 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

公開日: 2020年6月18日 / 料金: 無料

App Store

2020年9月時点の情報です。

「iPadOS 13.7」の変更点

「iPadOS 13.7」はリリースノートによるとバグ修正となっており、大きな変更点はない様子です。

さいごに:アップデートはバックアップ後にしよう

アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行う事が可能ですが、必ずバックアップをした後に行うようにしましょう。

なお、このアップデートに必要な容量は169.7MBとなっています。