iOS 18とmacOS 15は、カレンダーアプリから「リマインダー」の管理が可能に

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

iOS18

AppleInsiderが、「iOS 18」と「macOS 15」では、「カレンダー」と「リマインダー」をひとつのアプリから管理できるようになると伝えています。

「iOS 18」と「macOS 15」の改良されたカレンダーアプリでは、日、週、月ビュー内をタップまたは右クリックするとリマインダーを設定するか、イベントをスケジュールするか選択できるオプションが表示されるようになるとのこと。

カレンダーアプリから作成したリマインダーには、メモやタグを追加でき、リマインダーアプリで作成したリマインダーと同様に動作し、新しいリマインダーアプリにも表示され、通知されるようになるとのこと。

「iOS 18」と「macOS 15」は6月に開催されるWWDC24で発表され、9月ごろのリリースが見込まれています。

Appleの最新情報

Apple、新型AirTagのテスト運用を開始。発売は2025年半ば
Apple Music、100ベストアルバムランキングのリストを10日間にわたり順次公開
AppleとGoogle、iOSとAndroidで不明な追跡デバイスがあった場合に警告する新機能を提供開始
Apple、「HomePodソフトウェアバージョン 17.5」をリリース
Apple、「Apple TV 4K」および「Apple TV HD」用のソフトウェアアップデート「tvOS 17.5」をリリース
タイトルとURLをコピーしました