Apple、「iPad(第8世代)」正式発表。iPad(第7世代)と何が変わったのか特徴まとめ

Appleは2020年9月16日、スペシャルイベント「Time Flies」で、10.2インチ型ディスプレイを搭載した「iPad(第8世代)」を正式発表しました。

iPad(第8世代)の特徴

iPad(第8世代)」はデザインやサイズは「iPad(第7世代)」と変わりなく価格も据え置きとなっており、32GBモデルが34,800円(税別)から購入可能となっています。また、フルサイズのSmart KeyboardやApple Pencil(第1世代)に対応しています。

iPad(第8世代)とiPad(第7世代)の違いは?

iPad(第8世代)のA12チップとは

iPad(第7世代)」から唯一変わったところは、内部仕様のアップグレードです。「iPad(第8世代)」はA12 Bionicチップを搭載し、前モデルと比べてCPUは最大40%高速化されており、GPUは2倍高速化されています。

これにより、Windowsノートパソコンよりも最大2倍、Androidタブレットより最大3倍、Chromebookより最大6倍高速に動作するとイベントの中で発表しています。ちなみに、このA12 Bionicチップは2019年3月に発売された「iPad Air(第3世代)」に搭載されています。

あとは、重量が若干ですが重くなっています。参考までにiPad(第7世代)との比較表を掲載しておきます。

iPad(第8世代)とiPad(第7世代)の比較表

iPad(第8世代)iPad(第7世代)
サイズ250.6×174.1×7.5mm250.6×174.1×7.5mm
重量約490g約483g
CPU64ビットアーキテクチャ搭載A12Bionicチップ
Neural Engine
64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
画面サイズ10.210.2
バッテリー最大10時間最大10時間
充電端子LightningLightning
スピーカー2基2基
容量32G/128G32G/128G
カラーシルバー/スペースグレイ/ゴールドシルバー/スペースグレイ/ゴールド

「iPad(第8世代)」はどんな人におすすめか

全体的に大きな変更はなく、処理速度が向上しただけとなっていますが、従来通りのホームボタンを備えている方が使いやすいという人や、少しでも価格を抑えてiPadを使いたいという人には、iPadシリーズの中で最も安く入手できる「iPad(第8世代)」を選択してみるのもいいかもしれません。

なお、「iPad(第8世代)」の発売は9月18日からとなっています。

フォローして最新情報を受け取る
iPad
この記事を共有する
ENGRAVE