Apple、M2チップを搭載する新型「iPad Air」を発表。新たに13インチモデルが登場

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

iPad Air

Appleは、2024年5月7日に開催された発表イベント「Let Loose.」において、新型「iPad Air」を発表しています。

新型「iPad Air」は、従来の11インチモデルに加え、11インチモデルより30%画面領域の広い13インチモデルが新たに用意され、両モデルともLiquid Retinaディスプレイを搭載しています。

搭載チップはM2を搭載し、M1を搭載する前世代の「iPad Air」よりも50%近く高速で、A14 Bionicを搭載した「iPad Air」と比べると最大3倍高速なパフォーマンスを実現しています。

フロントカメラは横向き時に上部となるよう横の縁に配置されており、センターフレームに対応した12MPの超広角フロントカメラを採用し、ビデオ通話に最適となっています。また、空間オーディオに対応した横向きステレオスピーカーも搭載されています。

前世代より2倍高速化したWi-Fi 6Eに対応し、Wi-Fi + Cellularモデルでは5G接続に対応しています。

アクセサリは、新たに発売された「Apple Pencil Pro」と「Apple Pencil(USB-C)」「Magic Keyboard」に対応しています。

iPad Air カラー

本体ストレージは、128GB、256GB、512GB、1TBから選択することができ、カラーは、新しいブルーとパープルのほか、スターライト、スペースグレイの4色用意されています。

価格は、11インチiPad Airは98,800円(税込)から、13インチiPad Airは128,800円(税込)からとなっており、現在予約受付中で、5月15日(水)より販売開始となっています。

iPad Air – Apple(日本)

タイトルとURLをコピーしました