3月に発表が見込まれる新型「iPad Pro」と「iPad Air」の本体サイズが明らかに

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

iPad Pro

9to5Macが、来月3月に発表されると見られている新型「iPad Pro」と「iPad Air」のサイズに関する情報を伝えています。

新しい「iPad Air」は、現行モデルの10.9インチモデルに加え、新たに12.9インチモデルを追加した2サイズ展開となり、新しい「iPad Pro」はM3チップと有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、ディスプレイサイズは現行モデルと同様の11インチと12.9インチになるとのこと。

9to5Macが情報筋から入手した新型「iPad Pro」と「iPad Air」のサイズは以下の通り。

現行 新型
11インチiPad Pro 247.6×178.5×5.9mm 249.7×177.5×5.1mm
12.9インチiPad Pro 280.6×214.9×6.4mm 281.5×215.5×5.0mm
12.9インチiPad Air 280.6×214.9×6.0mm

「iPad Pro」に関しては、本体サイズは少し大きくなり、ディスプレイは、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載することにより、11インチモデルは0.8mm、12.9インチモデルは1.4mm薄くなっています。

「iPad Air」に関しては、10.9インチモデルのサイズは明かされていませんが、現行モデルの10.9インチと変更がないとのこと。新たに追加される12.9インチモデルは、現行の12.9インチモデルの「iPad Pro」と同じサイズになる模様。

また、アクセサリメーカーは新型iPad用のケースの生産を強化しており、早ければ来月にも出荷される予定とのことで、新しいiPadが発売間近であることはほぼ間違いなさそうです。

source9to5Mac

タイトルとURLをコピーしました