iPad

Apple、ロック画面のカスタマイズに対応しヘルスケアアプリを導入する「iPadOS 17」を発表。対応iPadの一覧

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

iPadOS 17

Appleは、現地時間2023年6月5日「WWDC23」の基調講演の中で、iPad用の次期OS「iPadOS 17」を発表しました。

iPadOS 17では、再設計されたロック画面とインタラクティブウィジェット、PDFとメモの賢い新機能、メッセージ、FaceTime、Safariのアップデートと新しいヘルスケアプリが導入されています。

iPadOS 17の特徴

ロック画面の刷新

iPadOS 17 ロック画面

ロック画面のカスタマイズに対応し、ロック画面にお気に入りの画像を設定することができるようになっています。
画像は、自分の個人ライブラリから写真を1枚選ぶことも、一日を通じてシャッフル表示される写真の動的なセットを選ぶことも可能。また、Live Photoを選んで、iPadをスリープ解除する度になめらかなスローモーションのエフェクトが表示されるようにすることも可能となっています。
この他、ロック画面ギャラリーからiPadの大きなキャンバスで美しく映える壁紙を選んだり、フォントのスタイルと色のセットから選んで 日付と時刻の見た目をカスタマイズしたり、お気に入りの絵文字と色を組み合わせて独自のデザインを作成することもできます。
また、ライブアクティビティがiPadOSに導入され、スポーツの試合や旅行プラン、出前の注文など、リアルタイムの出来事をロック画面上で把握できるようになります。

 

ウィジェット機能の強化

iPadOS 17 ウィジェット

iPadOS 17では、ウィジェット機能が強化されており、ウィジェットから直接、照明をつけたり、曲を再生したり、リマインダーをその場で実行済みにすることが可能になっています。
ロック画面とホーム画面でインタラクティブウィジェットを利用できるようになり、操作や情報取得が容易にできるように改良されています。
また、ロック画面では、適応型色合い調整によってウィジェットがシームレスに壁紙に溶け込むため、最適な可読性を実現しています。

メモアプリを大幅アップデート

メモアプリが大幅にアップデートされ、新しい方法でPDFを整理したり、読んだり、注釈を加えたり、共同作業をすることが可能に。

PDFが全幅表示され、ページをめくったり、すばやく注釈を追加したり、Apple Pencilで文書に直接スケッチをしたりするのが容易にできるようになっています。

自分のメモから直接PDFやスキャンした文書を確認し、注釈を加えることができるほか、Live共同作業により、メモをほかのユーザーと共有した際にアップデートがリアルタイムで表示されるようになっています。

メッセージアプリのアップデート

メッセージアプリでは、iOS 17と同様に「検索フィルター」や「Liveステッカー」が利用可能に。FaceTimeでは、通話先が応答できない場合、ビデオメッセージを残す機能の追加や、Apple TVへの対応も行われています。

Safariの改良

Safariの改良が行われており、仕事とプライベートなど、目的ごとにブラウズすることが可能になっています。

プロフィールごとに独自の履歴、Cookie、タブグループ、お気に入りが保存され、切り替えも簡単にできるようになっています。

また、「プライベートブラウズ」により、Face IDまたはTouch IDを使って、表示しているウインドウをロックできるほか、サイト越えトラッキングに使用されているトラッカーを削除することができます。

この他、応答性の向上、より関連性の高い検索候補の提示、候補の読みやすさが向上されています。

ヘルスケアアプリの導入

iPadOS 17 ヘルスケアアプリ

iPadOS 17では、iPadにヘルスケアアプリが導入され、自分の健康データを詳細に確認できるようになっています。
iPadのディスプレイに合わせて最適化されたデザインによって「よく使う項目」の見た目が新しくなり、トレンド、ハイライト、詳細でインタラクティブなチャートによって、自分の健康データについて把握できるようになっています。
服薬の記録と管理、周期記録の使用、自分の一時的な感情や日々の気分の記録、複数の医療機関から取得した健康に関する記録の表示など、すべてを1つに集約し安全に管理することが可能となっています。

この他iPadOS 17の機能一覧

  • ステージマネージャは、ウインドウの位置とサイズの柔軟性がさらに高まり、ワークスペースをさらにコントロールできるようになります。また、外部ディスプレイの内蔵カメラに対応します。
  • フリーボードでは、新しい描画ツール、ポイント機能、傾き、図形に変換への対応、すべてのオブジェクトに接続線と新しい図形を追加する機能、および共同作業者をボード内でガイドする「フォロー」が提供されます。
  • Spotlightは、次のアクションへのショートカット、強化された画像検索結果、ビデオ検索を提供し、ユーザーがこれまで以上にすばやく情報を見つけてアクションを実行できるようにします。
  • 「画像を調べる」では、認識機能が食べ物、店舗、標識、衣服の洗濯表示タグなどの物に付けられた記号にまで拡張されます。
  • キーボードでは、自動修正が向上し、かつてないほどすばやく簡単にテキストを入力できます。インラインの予測テキストによって、ユーザーは文章をすばやく書き終えることができ、音声入力の新しい音声認識モデルによって精度が向上します。
  • Siriは「Siri」と言うだけで起動するようになります。起動後は、再び起動しなくても複数のコマンドを連続して伝えることができます。
  • デバイス上の知能がユーザーの好みを学習するので、AirPlayを使ったコンテンツの共有が一段と簡単になります。AirPlayは、ホテル内の対応するテレビでも機能するため、旅行中も簡単にお気に入りのコンテンツをテレビで楽しめます。この機能はプライバシーとセキュリティを基盤に構築されており、インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ系列から開始して、年内に一部のホテルで利用可能になります。
  • リマインダーでは、新たな賢い買い物リストの体験が導入され、関連する商品が自動的にグループ化されてセクションにまとめられるので、買い物がより簡単になります。また、セクションを画面上で水平に表示する新しいカラム表示が提供されます。
  • マップでは、マップをダウンロードしてオフラインで使えるようになります。ユーザーはエリアを選択したり、場所に関する豊富な情報を検索して調べたり、あらゆる移動手段の経路を確認するといったことをすべてオフラインで実行できるようになります。
  • プライバシーのアップデートでは、「コミュニケーションの安全性」が拡大され、子どもたちの保護や、大人向けの「センシティブな内容の警告」が追加されます。写真とカレンダーの許可のアップデートによって、ユーザーがアプリと共有するデータについて、理解を一段と深めた上で選択できるようになります。さらに、ロックダウンモードがアップデートされ、金銭目的のスパイウェアの標的になる可能性があるユーザーに対する保護が強化されます。
  • 新しいアクセシビリティツールによって、iPadはさらに利用しやすくなります。アシスティブアクセスは、認知障がいを持つユーザーがiPadをさらに簡単に、自立して使えるようにするためのカスタマイズ可能なインターフェイスです。ライブスピーチは、非発話者のユーザーが、電話、FaceTime、対面での会話の際に、自分が話したいことを入力して読み上げるのに役立ちます。パーソナルボイスは、発話能力を失うリスクのあるユーザーに、自分が話しているように聞こえる声を作るオプションを提供し、ライブスピーチとシームレスに統合します。拡大鏡では、「ポイントして読み上げ」により、視覚障がいのあるユーザーはテキストラベルが小さい家電やその他の対象物を操作しやすくなります。

iPadOS 17の対応機種一覧

iPadOS 17の対応機種は以下の通り。「iPadOS 16」ではサポート対応となっていた「iPad (第5世代)」と「iPad Pro (第1世代)」はサポート対象外となっています。

  • iPad Pro (第2世代)以降
  • iPad Air (第3世代)以降
  • iPad (第6世代)以降
  • iPad mini (第5世代)以降

iPadOS 17の提供について

iPadOS 17のデベロッパ向けプレビューは、本日より、developer.apple.comを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されます。iPadユーザーに対しては、来月中にパブリックベータ版がbeta.apple.comで提供されます。

iPadOS 17は、無料のソフトウェアアップデートとして、今秋より一般向けに提供開始されます。

ニュースリリースiPadOS 17、iPadに新たなレベルのパーソナライズと汎用性を提供 – Apple (日本)

タイトルとURLをコピーしました