Apple、iPad用の次期OS「iPadOS 15」を正式発表。特徴のまとめと対応機種一覧

iPadOS15の特徴まとめ

Appleは本日(日本時間2021年6月8日2時)より開催された「WWDC21」の基調講演でiPad用の次期OSである「iPadOS15」を正式発表しました。

「iPadOS15」は「iOS15」と同じく大きな変更点はないものの、直感的なマルチタスク、ウィジェットを組み込んだ新しいホーム画面のデザイン、Appライブラリ、システム全体でメモを取れるクイックメモ、SharePlay、刷新されたSafari、集中を保つための新しいツールが導入され、よりiPadが使いやすくなるようになっています。

iPadOS15で新しく追加される機能のまとめ

ホーム画面

iPadOS15 ホーム画面プレビュー

  • マルチタスクメニューがアプリの上部に表示され、1回タップするだけでSplit ViewやSlide Overを使える
  • SafariやPagesのような複数のウインドウを持つアプリでマルチタスクを行ったりメールプレビューが可能
  • アプリと一緒にウィジェットの配置が可能
  • Appライブラリを登載
  • iPad用の大きいサイズのウィジェットを導入
  • キーボードショートカットの刷新とキーボードメニューバーの再設計

メモ

  • iPad上のどこでもすばやく簡単にメモが取れる「クイックメモ」の導入
  • メモを素早く簡単に分類できる「タグ機能」の導入
  • 共有メモで共同作業している人に通知を送れる「名前の言及」機能の追加
  • メモの最近の更新内容を表示する「アクティビティ表示」を導入

翻訳

  • iPhoneにある翻訳アプリがiPadでも利用可能

その他「iOS15」と同じ機能が多数追加

その他、FaceTime通話で音楽試聴や動画鑑賞等の体験を共有可能となるSharePlayの導入やSafariの刷新、「集中モード」の導入、Spotlightに写真アプリとウェブ画像を検索する機能の追加、「テキストの認識表示」機能の追加などiPhone用の「iOS15」に導入される機能をiPadでも利用可能となります。

「iOS15」の機能の詳細は以下記事を参考にどうぞ。

参考Apple、iPhone用の次期OS「iOS15」を正式発表。「iOS15」で新しく導入される機能のまとめ

iPadOS15が利用できるiPadの機種一覧

「iPadOS15」の対応機種一覧

iPadOS15」の対応機種は以下の通りとなっており、「iPadOS14」と対応デバイスは変わっていません。

  • iPad Pro 12.9インチ(第5世代)
  • iPad Pro 11インチ(第3世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
  • iPad Pro 11インチ(第2世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第3世代)
  • iPad Pro 11インチ(第1世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第2世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第1世代)
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 9.7インチ
  • iPad(第8世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air 2

iPadOS15は今秋に一般公開

iPad用の次期OS「iPadOS15」のデベロッパー向けプレビューはiPhone用の「iOS15」と同じく本日6月8日より「developer.apple.com」を通じて「Apple Developer Program」メンバーに提供されます。

デベロッパー以外の一般ユーザーに対しては、来月中にパブリックベータ版が「beta.apple.com」で提供される予定となっています。

なお、一般公開の正式リリースは今秋行われる予定です。