Apple、 Apple ID用のセキュリティキー導入する「iPadOS 16.3」をリリース

iPadOS 16

Appleは、現地時間2023年1月23日、iPad用OSの最新版「iPadOS 16.3」を正式リリースしました。

このアップデートでは、「iCloud」用の高度なデータ保護、および「Apple ID」用のセキュリティキーが導入されています。

アップデートでの変更点は以下の通り。

  • iCloud用の高度なデータ保護により、エンドツーエンドの暗号化で保護されるiCloudデータのカテゴリが、iCloudバックアップ、メモ、写真を含む合計23種類に拡大し、クラウドでデータ漏洩が起きた場合でも情報を保護することが可能
  • Apple ID用のセキュリティキーを使用すると、新しいデバイスでの2ファクタ認証によるサインイン時に物理的なセキュリティキーがないとサインインできなくなり、アカウントのセキュリティを強化することが可能
  • HomePod(第2世代)に対応
  • フリーボードで、Apple Pencilまたは指を使って描画した筆線が共有ボードに表示されないことがある問題を修正
  • Siriがミュージックのリクエストに正しく応答しないことがある問題に対処

この他、アプリがユーザーの機密データにアクセスできる可能性がある問題やアプリがユーザーの連絡先に関する情報にアクセスできる可能性がある問題、プライバシー設定をバイパスできる可能性がある問題など計12の脆弱性が解消されているので早めにアップデートした方が良さそうです。

なお、本アップデートは、iPad Pro (すべてのモデル)、iPad Air (第 3 世代) 以降、iPad (第 5 世代) 以降、iPad mini (第 5 世代) 以降のデバイスが対象となっています。

アップデートは、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行う事が可能です。

参考About the security content of iOS 16.3 and iPadOS 16.3 – Apple サポート (日本)