「iPhone 12」の5.4インチ画面の使用感を確認できる壁紙が公開

2020年に発売予定の「iPhone 12」は新しいサイズである5.4インチの画面サイズが発売されると言われています。

参考iPhone12シリーズの価格情報(69,000円から)と一部仕様が公開。現行iPhoneシリーズとの比較

海外メディアのMacRumorsがフルスクリーンのFace ID iPhoneの所有者のために5.4インチiPhone 12の使用感がわかる壁紙を公開しています。

5.4インチiPhone 12は、iPhone SEとiPhone SE 2020の中間サイズにあたります。現状では4.7インチを使用するiPhone SE 2020が最小のデバイスとなっていますが、iPhone SE 2020はホームボタンが備えられており、フルスクリーンを搭載するiPhoneでは次に発売される5.4インチiPhone 12が最小となる事が予測されています。

5.4インチiPhone 12はコンパクトサイズでフルスクリーンのiPhoneを求めていた方には嬉しいサイズではないでしょうか。動画を楽しむには大きい画面サイズのiPhoneがいいですが、コンパクトサイズを求める需要も多くあり、しかも安価で販売される予測もある事から、人気モデルになる可能性がありそうです。

使用感を試してみたい方は以下から壁紙のダウンロードができます。画像をカメラロールに保存し、全画面表示するとサイズ感を確認する事ができます。

iPhone 11、XR: 左利き右利き

iPhone 11 Pro、XS、X: 左利き右利き

iPhone 11 Pro Max、XS Max: 左利き右利き

5.4インチiPhone 12の画面サイズ

iPhone Xで試してみたらこんな感じになりました。ひとまわり小さくコンパクトになっています。これなら片手操作も楽そうです。

iPhone 12の情報の一覧はこちらからどうぞ。

参考iPhone 12の情報一覧

source:MacRumors