Apple、折りたたみ式iPhoneを2023年に発売か

折りたたみ式iPhoneの発売日

Apple関連のアナリストMing-Chi Kuo氏が、Appleは8インチQHD +フレキシブルOLEDディスプレイを搭載した折りたたみ式「iPhone」の発売に取り組んでいると投資家向けに報告しています。

折りたたみ式「iPhone」は2023年発売か

この折りたたみ式の「iPhone」の出荷台数は2023年に1500万から2000万台に達すると予測しており、ディスプレイにはサムスンのY-Octaテクノロジーの代わりに、台湾のタッチパネルメーカーであるTPKのシルバーナノワイヤータッチソリューションを使用すると予測されています。

TPK techはサムスンのY-Octaテクノロジーよりも耐久性があり、折り畳みに強く、通常の画面サイズから大画面サイズまでサポートできるとKuo氏は述べています。

Kuo氏によると、AppleはすでにHomePodのタッチインターフェイスにシルバーナノワイヤーを使用しており、低コストでこの技術を利用できるようになっていると述べています。

Kuo氏は以前から折りたたみ式の「iPhone」の発売について発言していますが、発売スケジュールについてはAppleが主要技術と大量生産を解決する課題があるとしていました。

今回は主要技術と大量生産の課題が解決できた事によって、この具体的な発売スケジュールについて言及したものと思われます。

source&photoappleinsider