iPhone 12シリーズの画像解像度等ディスプレイ情報の一覧。ハイエンドモデルにはXDRディスプレイを採用との情報

次期iPhone 12シリーズは4タイプが発売される情報がありますが、今回ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏がDSCCで解像度などの詳細情報を伝えています。

その情報によるとiPhone 12シリーズのディスプレイにはSamsung、BOE、LGディスプレイの3社から供給されるフレキシブルOLEDを使用するとの事。

iPhone 12シリーズのディスプレイ情報の一覧

それぞれのシリーズの解像度は以下の通り。

iPhone 12iPhone 12 MaxiPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
画面サイズ5.4インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ
解像度2340×10802532×11702532×11702778×1284

PPI

475460460458
画面製造元SumsungBOE/LGSumsungSumsung
ビットカラー881010
Y-OCTAありなしなしあり

Y-OCTAとはSamsungのフレキシブルディスプレイテクノロジーでタッチセンサーがOLEDパネルに直接配置され画面が薄くなる技術の事。この技術はiPhone 12とiPhone 12 Pro Maxにのみ搭載されるとの事です。

iPhone 12のハイエンドモデルにはXDRディスプレイが搭載

AppleのXDR

また、ハイエンドモデルのProシリーズにはXDRディスプレイを採用する可能性があると伝えており、フルスクリーンの輝度は1,000 nit、最大輝度は1,600 nitとの事ですが、技術的にまだ課題があり調整が必要との事です。

最後にハイエンドモデルに採用されるという120Hzのリフレッシュレートを備えたProMotionディスプレイの情報については、低電力LTPOテクノロジーの使用がなく完全に機能する120Hzディスプレイは非ネイティブ解像度に制限される可能性があるとの見解で採用は見送りになる可能性がありそうです。

iPhone 12の発売は10月に延期か

ヤング氏によるとiPhone 12の発売に関しての情報も明かしており、当初の発売予定であった9月から10月に延期する可能性がある事を明かしています。

iPhone 12に関してはさまざまな情報が出回っており画像解像度については今回初公開という事になりますがディスプレイの情報については、他情報と食い違いがあるため今後の情報を注目していきたいと思います。

iPhone 12シリーズの全ラインナップの仕様情報とストレージごとの価格リーク情報が公開
...

source&photo:MacRumors