iPhone 13の3Dレンダリング画像が登場。リアカメラの配置が変更か

iPhone13の画像

mysmartpriceが、業界関係者より入手したという2021年に発売される新型iPhoneである「iPhone 13」の3Dレンダリング画像を公開しています。

「iPhone 13」の本体デザインは「iPhone 12」から大きな変化はなく、本体サイズも146.7×71.5×7.6mmと「iPhone 12」と全く同じとの事。

変更点としては、小型化されたノッチとリアカメラのカメラレンズの配置

iPhone13画像

少し見にくいですが、ノッチ部分の受話スピーカーがよりエッジ部分に近い位置に移動しており、ノッチ内のセンサーやカメラの配置が変更しています。

ノッチ部分が小さくなるという情報は以前から言われており、先日Macお宝鑑定団Blogが公開した「iPhone 13 Proの3Dモックアップ」と一致しており、「iPhone 13」シリーズは全機種でノッチ部分が小さくなる可能性が高そうです。

iPhone13リア画像

iPhone13リアカメラ画像

また、今回新たに明かされたリアカメラは2眼カメラでレンズの配置が現行の縦に2つ並ぶデザインから斜めに2つ並ぶデザインに変更されています。

source&photomysmartprice