「iPhone 13 Pro」の3Dレンダリング画像が公開。リアカメラモジュールの大型化と本体が僅かに厚くなる?

「iPhone 13」の3Dレンダリング画像を紹介しましたが、新たに「iPhone 13 Pro」とされる3Dレンダリング画像を91mobilesが公開しています。

iPhone 13 Pro 画像

91mobilesによると業界関係者から入手したもので、現行のiPhoneである「iPhone 12 Pro」との違いは、ディスプレイ上部のノッチが小さくなっているところ。スピーカーとマイクをセンサーの上に移動する事でノッチサイズの小型化を実現しています。

iPhone 13 Pro リア画像

その他のデザイン面では「iPhone 12 Pro」から大きな変更点はなく、リアカメラも3眼レンズのままとなっていますが、「iPhone 12 Pro」より大きな正方形のリアカメラモジュールを搭載しており、より大きなカメラセンサーが採用される可能性があるとのことです。

iPhone 13 Pro レンダリング画像

また、本体サイズは146.7×71.5×7.6mmと「iPhone 12 Pro」よりも0.2㎜厚くなっており、この変更の理由はバッテリーユニットの大型化や噂されているLTPOディスプレイ搭載によるものと予想されています。

この他の情報では、iPhone 13シリーズのすべてのモデルに、改良された広角センサー最大1TBのストレージが搭載される予定です。

iPhone 13シリーズはProも含めノッチのサイズが小さくなる事は間違いなさそうです。

source&photo91mobiles