「iPhone 13 mini」と「iPhone 13 Pro Max」の図面が流出。本体サイズの一部が明らかに

 

EverythingAppleProが、「iPhone 13 Pro Max」及び「iPhone 13 mini」のものとされる図面を公開しています。

iPhone 13 miniの図面が流出

iPhone13mini図面

図面によると「iPhone 13 mini」の本体サイズは現行の「iPhone 12 mini」と比べて厚さが約0.2㎜厚くなり、リアカメラが搭載されているカメラモジュールは、横幅が約3㎜増加し、厚さが約1㎜厚くなるようで、リアカメラのレンズの配置が変更している事とカメラレンズが大きくなっている事が関係している可能性があります。

ポイント
  • 本体の厚さが約0.2㎜厚くなっている
  • カメラモジュールの横幅が約3㎜増加し、厚さが約1㎜厚くなっている

iPhone 13 Pro Maxの図面が流出

iPhone13 Pro Max図面

一方、「iPhone 13 Pro Max」の図面では、現行の「iPhone 12 Pro Max」と比べ、本体の厚さが約0.2㎜厚くなっています。また、リアカメラが搭載さているカメラモジュールの横幅が約5mm大きくなっています。5mm違うと印象がかなり変わってくるため、カメラの存在感が大きく感じるようになりそうです。

ポイント
  • 本体の厚さが約0.2㎜厚くなっている
  • カメラモジュールの横幅が約5mm大きくなっている

なお、今回公開された図面には本体の高さと横幅は記載されていないため、全体の大きさはまだはっきりわかりませんが、カメラモジュールについては「iPhone 13 mini」及び「iPhone 13 Pro Max」ともに大きくなると予想されます。

sourceEverythingApplePro