「iPhone 13 Pro」の図面が流出。本体サイズが判明か

iPhone 13 Pro図面

リーカーのDuanRui氏が「iPhone 13 Pro」のものとされる図面を公開しています。

「iPhone 13」シリーズのものとされる図面は、これまで「iPhone 13 Pro Max」と「iPhone 13 mini」のものがすでに公開されています。

関連「iPhone 13 mini」と「iPhone 13 Pro Max」の図面が流出。本体サイズの一部が明らかに

今回「iPhone 13 Pro」の図面が公開されたことにより、「iPhone 13」シリーズでは全てのモデルで「iPhone 12」シリーズと比較して、ノッチが小型化されていることと、リアカメラの各レンズが大きくなり、リアカメラが搭載されているカメラモジュールが大きくなっていること、本体の厚さが若干増していることがわかります。

  • ノッチの小型化
  • リアカメラの各レンズが大きくなっている
  • カメラモジュールが大きくなっている
  • 本体の厚さが厚くなっている

今回公開された図面から「iPhone 13 Pro」の本体サイズは、高さと横幅は「iPhone 12 Pro」から変わらず、厚さが7.4㎜から7.53㎜へと僅かに増加していることが確認できます。

この本体サイズの厚さの増加は、「iPhone 13」シリーズすべてのモデルでバッテリーサイズが増量すると言われており、バッテリーサイズの増量が理由と思われます。

関連iPhone 13シリーズのバッテリー容量が判明か。すべてのモデルで増量に

この他、リアカメラのレンズサイズは「iPhone 12 Pro」が約12㎜に対し、「iPhone 13 Pro」は17㎜と約5㎜大きくなっており、カメラ性能の大幅な向上が期待できそうです。

sourceDuanRui