Apple、新たな「iPhone 16/16 Plus」のカメラバンプデザインをテスト。「iPhone X」のようなデザインに

iPhone 16

MacRumorsは、Appleが「iPhone 16」シリーズのベースモデルでカメラバンプの新しいデザインをテストしていると伝えています。

最新のプロトタイプではカメラバンプが「iPhone X」のような縦型になっており、カメラレンズが垂直に2つ並んで配置されています。

この垂直カメラレイアウトにより、ベースモデルの「iPhone 16」および「iPhone 16 Plus」に空間ビデオ録画の導入が予想されるとのこと。

現行の「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」は斜めのカメラ配置のため、空間ビデオを録画することができず、この垂直カメラレイアウトをテストしているのだろうと予想しています。

リーカーのMajin BuもXに同様のデザインの図面を投稿していますが、あくまでテスト段階であるので今後変更される可能性はあるとのことです。

sourceMacRumors

タイトルとURLをコピーしました