ソフトバンクとワイモバイル、一部機種で「LINE」アプリサービスの提供終了を案内ー今年8月上旬以降

ソフトバンクとワイモバイルは一部機種での「LINE」アプリのサービス提供を8月上旬で終了するため、対象端末を利用しているユーザーはサービス終了前に最新のスマートフォン・タブレットへ機種変更をするように推奨しています。

これはLINEによる一部OSバージョンのサポート終了に伴うもので、対象機種を利用しているユーザーは2021年8月上旬以降トークの閲覧・バックアップを含め、全機能が利用できなくなるので注意が必要です。

2021年8月上旬以降LINEが使えなくなる機種は以下のとおりとなっています。

2021年8月上旬以降LINEが使えなくなる機種一覧

Android/iOSでバージョン9.12.0未満のLINEアプリを利用しているユーザー

  • 利用中の端末がAndroidは「Android 5.0」以上およびiPhoneは「iOS 10」以上のユーザーは「LINE」アプリを9.12.0以上にアップデートすることで引き続き利用が可能
使っている端末のOSの確認とアプリのアップデートを必ず行っておきましょう

 

Android 5.0以上にアップデートできない以下の機種を利用中のユーザー

ソフトバンク

  • シンプルスマホ2
  • AQUOS Xx 304SH
  • AQUOS CRYSTAL
  • AQUOS CRYSTAL X
  • Xperia Z3
  • DIGNO U
  • ARROWS M 305
  • BLADE Q+
  • Media Pad 10 Link+ 402HW
  • GALAXY Tab4

Xperia Z3については、「Android 5.0」にバージョンアップすることで引き続き利用可能。

ワイモバイル

  • AQUOS CRYSTAL Y
  • DIGNO C
  • DIGNO T
  • Spray
  • Nexus 5
  • MediaPad M1 8.0

Nexus 5については、「Android 5.0」にバージョンアップすることで引き続き利用可能。

古いスマホを使っている方は使えなくなる前に一度確認を

先日auユーザーも同じく案内が出されていましたので、古いスマホを使っている方は一度確認しておきましょう。

関連au、今年8月上旬以降Androidの一部機種でLINEアプリが利用出来なくなることを案内

詳細は以下からどうぞ。