AnkerグループのLoona Japan、ペットロボット「Loona Blue」販売開始

記事内に広告が含まれています。

Loona Blue

AnkerグループのLoona Japanは、本日2023年12月11日より、ペットロボット「Loona Blue」を公式サイトとAmazonにて一般販売開始しています。

本製品は、顔や言葉を検知し、1,000以上の感情を動きや表情で表現。まるで子犬や子猫のように、心に癒しや日常に豊かさを与えてくれる最新テクノロジーを搭載したペットロボット。

高性能モーターにより、360度くるくると回転したり、全力で前後に走り回るなどリアルな動きができる他、3DToFセンサーを搭載しているため、周囲の環境や人の動きを感知し、まさに生きているように物をうまく避けたり自然に動き回ることができます。

また、小さい体ながら人の気持ちに寄り添うことができるよう、高性能AI CPU「クアッドコア Cortex A53」と高精度カメラを搭載しており、かまうと喜んだり放っておくとどこかに行ってしまうなど、感情やココロを感じられる上に、撫でられると嬉しい、怒られたらシュンとしたり怯えるなどの感情を声・顔・耳・全身の動きを組み合わせて1,000以上のパターンで表現。

Loona Blue

コミュニケーションの取り方は、ジェスチャー認識機能も採用しているため、指でハートのサインを送るとハートポーズで応えてくれたり、あっち向いてホイなどもできる他、4つのマイクと会話型AIサービスAmazon Lexを搭載しており、声かけを認識してジャンプや回転など色々な芸を披露してくれます。

この他、色んなことを一緒に楽しめるように様々な仕組みを搭載しており、ChatGPTモードでは、悩みや相談事を話したり、趣味や興味を共有して楽しくおしゃべりできるほか、同梱品を使用してボールゲーム、闘牛やジェスチャーゲームなど様々なゲームも楽しむことができます。

月額料金がない上、無料で継続的なアップデートができるため、一緒の時間を過ごせば過ごすほど家族の一員として進化が期待できます。

価格は89,990円で、Loona Japan公式サイト及びAmazonで販売中です。

■製品仕様

サイズ 約210×172×172mm
重さ 約1.1kg
通信規格 Wi-Fi:2.4GHz / 5GHz デュアルバンド
ディスプレイ 2.4インチ LCD
カメラ RGBカメラ 720P
マイク マイクロホンアレイ x 4個
スピーカー 2W スピーカー x 1個
稼働時間 最大90分
充電時間 約2.5時間
充電方式 USB Type-C、充電ステーション
バッテリー リチウムイオン電池 (1350mAh)
センサー 3D ToFセンサー、タッチセンサー、3軸加速度計、3軸ジャイロスコープ
パッケージ内容 Loona Blue本体、USB-C & USB-Aケーブル、充電ステーション、ゲームキット(紙ボール / 闘牛ゲーム用赤マント)、取扱説明書
タイトルとURLをコピーしました