Apple、Macで発生していたバグを修正した「macOS Catalina 10.15.6 追加アップデート」をリリース

8月13日、Appleは「macOS Catalina 10.15.6 追加アップデート」をリリースしています。

macOS Catalina 10.15.6 追加アップデートをリリース

今回の追加アップデートでは、仮想化アプリケーションの実行時に発生する可能性がある安定性の問題やiMacRetina 5K27インチ、2020)で、スリープ解除後にディスプレイの色が薄く表示されることがある問題の修正が行われています。

リリースノートは以下の通り。

macOS Catalina 10.15.6追加アップデートのリリースノート

  • 仮想化アプリケーションの実行時に発生する可能性がある安定性の問題を修正
  • iMacRetina 5K27インチ、2020)で、スリープ解除後にディスプレイの色が薄く表示されることがある問題を解決

さいごに

アップデートは「Apple メニュー 」→「システム環境設定」→「ソフトウェアアップデート」から可能です。

なお、「macOS Catalina 10.15.6 追加アップデート」に必要な容量は2.8Gとなっています。