Mac

Apple、Apple ID用のセキュリティキーを導入する「macOS Ventura 13.2」を正式リリースー 旧バージョンのセキュリティアップデートも

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

macOS Ventura

Appleは、現地時間2023年1月23日、Mac用OSであるmacOSの最新バージョン「macOS Ventura 13.2」を正式リリースしました。

「macOS Ventura 13.2」では、Apple ID用のセキュリティキーが導入され、その他の機能向上、バグ修正、およびセキュリティアップデートが含まれています。

  • Apple ID用のセキュリティキーを使用すると、新しいデバイスでの2ファクタ認証によるサインイン時に物理的なセキュリティキーがないとサインインできなくなり、アカウントのセキュリティを強化することが可能
  • フリーボードにおいて、Apple Pencilや指で作成した描画ストロークが共有ボードに表示されない場合がある問題を修正
  • 入力中にVoiceOverが音声フィードバックを提供しなくなることがある問題を修正

この他、ユーザーの機密情報にアクセスできる可能性がある問題や、アプリがユーザーの連絡先に関する情報にアクセスできる可能性がある問題、プライバシー設定をバイパスできる可能性がある問題など合計22の脆弱性が解消されています。

また、macOS Big SurやmacOS Montereyなど旧バージョンのセキュリティアップデートも同日にリリースされています。

リリースされたバージョンは「macOS Big Sur 11.7.3」および「macOS Monterey 12.6.3」で、ユーザーの機密情報にアクセスできる可能性がある問題や、アプリがユーザーの連絡先に関する情報にアクセスできる可能性がある問題など各種脆弱性が解消されています。旧バージョンを使用しているMacユーザーも必ずアップデートしておきましょう。

なお、アップデートは→「システム環境設定」→「ソフトウェア・アップデート」から行う事が可能です。

参考About the security content of macOS Ventura 13.2 – Apple サポート (日本)

参考About the security content of macOS Big Sur 11.7.3 – Apple サポート (日本)

参考About the security content of macOS Monterey 12.6.3 – Apple サポート (日本)

タイトルとURLをコピーしました