シンプルなデザインで使いやすい『Mono Max10月号 付録 ナノ・ユニバースのボストンバッグ』がおすすめ

雑誌の付録は意外とお得で使いやすい物があります。

Mono Max10月号の付録はナノ・ユニバースのボストンバッグ。私は一泊で出かける事がよくあるので、ちょうど良さそうだと思い試しに買ってみました。

早速レビューします。

Mono Max10月号付録 ナノ・ユニバース ボストンバッグの開封レビュー

付録の外観は

Mono Max付録 nano universeボストンバッグの開封レビュー 付録の外観
付録はこんな感じの箱に入っています。

Mono Max付録 nano universeボストンバッグの開封レビュー 箱
箱のサイズは雑誌とほぼ同じくらいの大きさで付録としては大きめ。

Mono Max付録 nano universeボストンバッグの開封レビュー バッグの入れ方
箱を開けるとこんな感じでコンパクトに折り畳まれています。

外観・質感・大きさはどんな感じか

Mono Max付録 nano universeボストンバッグの開封レビュー
折り畳まれたバッグを開くとこんな感じ。ゴムのような匂いが少し気になりましたが、それほど強くはないので使っているうちに消えてくると思います。

サイズは横が47センチで縦が30センチ程度。軽量にこだわって作っただけあり軽くて持ちやすい。持ち手を肩掛けもできるのはポイント高い。

質感はシボ感のあるレザー調素材で安いっぽい感じはしません。

どれくらい入るか

Mono Max付録 nano universeボストンバッグの開封レビュー
雑誌を入れてみました。まだまだ余裕があります。この大きさなら一泊の旅行には充分使えます。

シンプルデザインがいい感じ

Mono Max付録 nano universeボストンバッグの開封レビュー ロゴ
よく見るとさりげなくnano universeのロゴが入ってます。

全体が黒で統一されていて男女どちらでも使えるシンプルなデザイン。どんなファッションにも合わせやすく色々なシーンで使えそう。

Mono Max10月号付録ナノ・ユニバースのボストンバッグで気になったところ

 

Mono Max付録 nano universeボストンバッグの開封レビュー 縫製
ひとつだけ気になったところが持ち手の縫製部分。写真のようにほつれが見られて甘い感じです。あまりたくさんの荷物を入れて重くなるととれてしまいそうです。耐久性についてはやや不安があります。

付録は当たり外れがあるので、たまたま今回当たったのが悪かっただけかもしれません。私の場合は割り切って使うのであまり気にしませんが、どうしても気になる方は付録対応事務局に連絡してみるといいでしょう。10月号の付録対応の受付は10月16日までやっています。

モノマックス(MonoMax)/宝島社の雑誌モノマックスの公式サイト
モノ雑誌「MonoMax(モノマックス)」の公式WEBサイトです。詳しい解説の付録情報や、カバン、時計、スニーカー、家電、アウトドアなどの最新モノニュースを毎日お届けしています!

 

付録対応事務局の連絡先はこちら→0120-063-388

まとめ

今回はMono Max10月号付録 ナノ・ユニバース ボストンバッグの紹介をしました。少し気になるところはありましたが、シンプルなデザインが気に入っています。一泊くらいの荷物ならちょうどいいサイズです。

どんな人におすすめか?

  • シンプルなデザインが好みの方
  • 普段から荷物が多い人
  • 耐久性はあまり気にしない人

雑誌不況の中、各誌付録に力をいれていますが当然当たり外れがあります。今回の付録は買ってよかったと満足しています。

特に今回紹介した雑誌MonoMaxの付録はいい物がよくあるのでおすすめです。本屋によっては売り切れて手に入らないこともあるので欲しい付録の時は早めに手に入れるようにしましょう。

ちなみに来月号はアニエス・ベーのペンセットで10月9日発売です。