人気Markdownメモアプリ「Obsidian」のモバイル用アプリ(iOS/Android版)が正式リリース

Macで人気のMarkdownメモアプリ「Obsidian」のiOS/Android版がリリースされました。

これまで「Obsidian」には、iOS/Android版アプリは一部ユーザー向けのベータ版しかなかったため、「iA Writer」や「Mweb」などのMarkdownアプリ経由で利用していました。「Mweb」なども優秀なメモアプリですが、「Obsidian」の特徴であるグラフビューなどが使えないといった簡易的な使い方しかできませんでした。今回のリリースにより、「Obsidian」の全機能が使えるようになりました。

モバイル版「Obsidian」の機能

「Obsidian」モバイル版
「Obsidian」の機能は以下のとおりとなっています。

  • カスタマイズ可能なツールバー
  • プルダウンクイックアクション
  • グラフビュー
  • コミュニティプラグイン
  • テーマ
  • タブレットのサイドバーの固定
  • iCloud Vault

「Obsidian」は、iCloud経由とObsidian Syncで同期可能

「Obsidian」は、iCloudで同期する方法とObsidian Syncで同期する方法の2種類の方法があり、iCloudで同期する場合は料金は不要ですが、Obsidian Syncで同期する場合、期間限定月額4ドル(約440円)のサブスクリプションが必要となります。Androidユーザーの場合は、iCloudが利用できないため、デスクトップ版と同期するためにはObsidian Syncを利用する必要があります。

それぞれの利点は以下のとおりとなっています。

ObsidianSyncの利点

  • 完全なエンドツーエンド暗号化。
  • 一部のファイルタイプを無視する機能(たとえば、モバイルに同期したくない大きなビデオがある場合など)。
  • 設定とプラグインの同期をある程度制御する機能。
  • Obsidianは、重複ファイルを生成するのではなく、競合をスマートにマージできます。
  • ほとんどのユーザーは、ObsidianSyncの方がiCloudよりも信頼性が高いと感じています。 2人のチームとして、数十億の企業を打ち負かすことはできませんが、少なくとも問題が発生した場合は、実際に対応して調査を支援します。

iCloudの利点

  • 無料
  • iOSではバックグラウンドで同期できます(SyncはObsidianプラグインとして実装されているため、Obsidian( Sync)は(バックグラウンドで)同期できません。これは、obsidianが開いている場合にのみ実行されます)

iCloudでMac版「Obsidian」とiOS/iPad版アプリを同期する方法

iCloudを利用し、Mac版「Obsidian」とiOS/iPad版アプリを同期する方法は以下のとおりとなっています。

  1. アプリを起動し、「新しいVaultを作成する」を選択
  2. Mac版「Obsidian」のVaultと同じ名前を付ける
  3. iCloudがこの空のフォルダをデスクトップに同期を待つ
  4. Vaultにあるすべてのものをコピーしてこの空のフォルダーに貼り付ける
  5. Mac版「Obsidian」で、「別のVaultを開く」オプションを使用して、iCloud内の新しいVaultを選択
  6. iCloudがモバイルデバイスに同期するのを待つ

まとめ

iCloudで同期する場合は無料で利用できるので、是非お試しを。「Obsidian」の使い方は人それぞれですが、「Obsidian」で具体的にどんなことができるのかは以下リンクを参考にどうぞ。

ノートアプリObsidianの基本的な使い方
シゴタノ!で2回連続でRashitaさんが紹介していた、Obsidianという(エディタ|ノート)ツールを使っ…

Obsidian – Connected Notes

Obsidian - Connected Notes

公開日: 2021年7月10日 / 料金: 無料

App Store
Google Play

2021年7月時点の情報です。

 

sourceobsidian