Apple PayのPASMOが利用可能に。Apple PayのPASMO利用時の条件や注意点

2020年10月6日より、Apple PayでPASMOが利用可能となりました。

Apple PayのPASMOの注意点

手持ちのPASMO、PASMO定期券を、iPhoneやApple Watchに取り込んで使うことができる他、iPhoneのWalletアプリから新規発行する事も可能です。なお、PASMO公式アプリでPASMOに会員登録することで、定期券の新規購入が利用可能となります。

また、Touch IDやFace IDなしで利用できる「エクスプレスカード」として設定する事も可能。この設定をしておく事で、画面をアンロックしたりWalletアプリを立ち上げることなく、iPhoneやApple Watchを自動改札にかざして通過でき、店舗での支払い時も支払い端末にかざすことで買い物が可能となります。

Apple PayのPASMOの注意点

Apple PayのPASMOの注意点として、対応デバイスに条件があります。対応デバイスの条件は以下の通り。

  • iOS14がインストールされたiPhone 8以降のiPhone
  • WatchOS 7.0がインストールされたSeries 3以降のApple Watch

なお、利用にあたり、 Face ID、Touch IDまたはパスコードが設定とApple IDの2ファクタ認証が設定されている必要があります。

また、同じPASMOをiPhoneとApple Watch両方で利用する事ができず、それぞれに個別のPASMOを設定する必要があります。

 

Apple PayのPASMOの特徴

Apple PayのPASMOでできる事とできない事は以下の通りとなっています。

Apple PayのPASMOでできる事

  • WalletアプリやPASMOアプリ上でSF(電子マネー)の入金(チャージ)
  • WalletアプリやPASMOアプリ上でPASMO定期券(鉄道・バス)の購入
  • PASMOアプリ上でオートチャージの申し込み、設定変更
  • WalletアプリやPASMOアプリ上で残額履歴情報の確認
  • PASMOアプリ上でバス利用特典サービス(バス特)のポイント・チケット情報の確認

なお、定期券の新規購入はPASMOアプリで会員登録をする事で利用可能となります。定期券の継続購入はWalletアプリからも利用可能です。

会員登録で利用可能となるサービスの詳細は以下からどうぞ。

会員登録で利用可能なサービスの一覧

Apple PayのPASMOでできない事

  • 一部の自動券売機等による現金での入金(チャージ)
  •  Suicaグリーン券売機でのグリーン券購入
  • エクスプレス予約のEX-ICカードと重ねての新幹線乗換改札機通過 (Apple PayのPASMO1台でスマートEX利用する場合を除く)

さいごに

Apple PayでPASMOが利用可能となり、かなり便利になりますが、利用にあたり注意点がありますので、よく確認して利用しましょう。

詳細は下記の公式サイトからどうぞ。

PASMO公式サイト