AmazonスマイルSALE ゴールデンウィーク開催中(4/22まで)
アプリ・サービス

PayPay、圏外や通信障害などオフライン時でも決済できる新機能の提供を開始

PayPay オフライン支払いモード

PayPayは、本日2023年7月20日、キャッシュレス決済サービス「PayPay」において、通信障害時やインターネット回線が使用できない状態でも支払えるようにする新機能「オフライン支払いモード」を提供することを発表しています。

オフライン支払いモードは、通信障害やインターネット回線が使用できないといった状況でも「PayPay残高」か「PayPayあと払い」で支払うことが可能となる機能。通常の通信回線を介したコードの表示にかかる時間が3 秒を超えると、本機能を利用した決済が可能となります。

ユーザーは、携帯電話の回線速度が遅い場合やオフラインの状況の場合、「オフライン支払いモード」が表示され、ユーザーが提示したコード決済画面を店側に読み込んでもらうことで決済完了となります。

オフライン支払いモードで決済した場合、決済完了画面に切り替わらず、決済時のサウンドも鳴らないようになっており、通信環境が安定した際に、決済情報が同期され、プッシュ通知や決済履歴などで決済情報を確認することができます。

本機能の利用は、ストアスキャン方式(ユーザーがスマホなどに表示した決済画面を加盟店が読み取る方式)の加盟店でのみ可能で、利用にあたっては店舗の決済端末がオンライン状態の必要があり、大規模災害時など店舗側もオフライン状態の時には利用できなくなるので注意が必要です。

1回の決済は、最大5,000円で1日2回まで、ユーザーの保有している「PayPay残高」を上限金額とするなど、決済金額および回数の上限設定があります。

なお、本機能は国内の主要コード決済サービスとしては業界初とのこと。また、本機能は最新バージョンのアプリで順次公開しており、全てのユーザーへの配信に時間がかかる場合があると案内されています。

詳細は、以下リンクからご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました