【レビュー】強烈なメンソール感を味わう事ができるプルーム・エス2.0はメンソール派の方におすすめ。グローから乗り換えた理由とは

プルーム・エス2.0レビュー

7月2日に新発売された「プルーム・エス」の新しいデバイス「プルーム・エス2.0」を早速試してみたのでレビューします。

結論から言うと、メンソール派の人が加熱式タバコを使うなら「プルーム・エス2.0」がおすすめです。私も長年使ってきたグローから完全に乗り換えてしまいました。

今回は「プルーム・エス2.0」を使ってみた感想を書きましたので参考にどうぞ。

「プルーム・エス2.0」のレビュー

「プルーム・エス2.0」開封レビュー

プルーム・エス レビュー アイス・シルバー外観

箱を開封するとこんな感じです。シルバーが光り輝いていい感じです。

「プルーム・エス2.0」はブラック、ホワイト、アイス・シルバーの3色あります。私は限定カラーである「アイス・シルバー」を選択しました。

なお、「アイス・シルバー」の色はいい感じで気に入っていますが、素材がツルツルしているため、滑る事を気にする方はツルツルしていないブラックがおすすめです。

滑りにくい素材はブラック

「プルーム・エス2.0」の付属一覧

プルーム・エス レビュー 付属品一覧

箱に入っている付属一覧はこんな感じになっています。付属品は以下の通りです。

  • デバイス本体
  • ACアダプター
  • USB Type-Cケーブル
  • クイックユーザーガイド
  • ユーザーガイド・保証書

掃除用のブラシは付属していません。そもそも「プルーム・エス2.0」はメンテナンスフリーであまり掃除する必要がありません。気になる場合は市販の綿棒で掃除する事ができます。その際は乾いた綿棒を使用する事を推奨しています。

掃除用のブラシは付属していない

「プルーム・エス2.0」の外観

プルーム・エス レビュー 外観

デバイスはこんな感じになっています。大きさや形は「プルーム・エス」と変わっていません。

プルーム・エス レビュー 外観 裏面

裏面はこんな感じです。

プルーム・エス2.0底面

底面はこんな感じです。ここは前モデルの「プルーム・エス」と若干変わっています。「プルーム・エス」は掃除するための穴が底面にありましたが「プルーム・エス2.0」は底面にはありません。

「プルーム・エス」と「プルーム・エス2.0」の比較

プルーム・エスと2.0の違い

左が新しい「プルーム・エス2.0」で右がこれまでの「プルーム・エス」です。ほとんど同じで区別がつきませんね。色が同じだと区別がつきにくいと思います。

プルーム・エス2.0レビュー プルーム・エスと比較

上から見ても色が違うだけでほぼ同じです。

プルーム・エス2.0メンテナンス

「プルーム・エス2.0」では掃除用の穴が横についています。ここに綿棒を差し込んで掃除します。

「プルーム・エス2.0」の使い方

プルーム・エス2.0レビュー使い方

「プルーム・エス2.0」の使い方は前モデルのプルーム・エスと全く同じとなっています。写真のようにスライドカバーをスライドすると電源が入り、煙草スティックを挿入しアクションボタンを2秒押す事で加熱が始まります。30秒ほどで加熱が完了しデバイスが2回「ブブッ」と振動し加熱完了を知らせてくれます。前モデルより加熱時間が短くなっています。

1回の加熱で吸える時間も長くなっており、前モデルが3分30秒であった事に対し「プルーム・エス2.0」は4分30秒間吸う事ができます。ただし、吸い込み回数は14回と前モデルと同じとなっています。

使用中は残り時間の状態をLEDで確認する事ができ、残り時間が30秒または残り2パフ(吸い込み)になるとデバイスが「ブッ」と振動しまもなく終了する事を知らせてくれます。その後、時間に達するとデバイスが「ブブッ」と2回振動しヒーターが停止します。パフ(吸い込み)の上限回数である(14回)に達した場合はデバイスが「ブブブッ」と3回振動し停止となります。

ヒーター停止後は、煙草スティックを取り出しスライドを閉じる事で電源がオフとなります。この辺りは前モデルと同じような感じになっています。

なお、今回の「プルーム・エス2.0」の特徴である「テイスト・アクセル」は初期状態ではオンになっており、「テイスト・アクセル」がオンになっている場合は写真のように電源が入ると緑色に点灯します。この「テイスト・アクセル」はオフにする事も可能でアクションボタンを3回素早く押す事で通常モードへの切り替えが可能です。あまりに吸いごたえがキツすぎると感じる方は通常モードに切り替えて使う事もできます。

「テイスト・アクセル」はオンオフ可能

「プルーム・エス2.0」を吸ってみた感想

今回の「プルーム・エス2.0」はメンソール派の方におすすめしているだけあり、強烈なメンソール感を味わう事ができます。もともとメンソール感が強い煙草スティックであるキャメルのメンソールは口の中が痛いくらい強烈なメンソール感を味わう事ができます。あまりに強すぎる吸い応えなので、通常の煙草スティックのメビウス・メンソールの方が吸いやすいと感じるかもしれません。私は強烈なメンソールが好みなので問題ありませんが、どうしても強すぎるという方は、「テイスト・アクセル」をオフにしてもいいかもしれません。

実は私は「グロー」から新しく発売されている「グロー・ハイパー」も試してみましたが、「プルーム・エス2.0」の方が吸い応えがあると感じました。

このように吸い応えが強くなった「プルーム・エス2.0」ですが、臭いは強くなっていません。前モデルと同じように「グロー」よりも臭いが少なくなっています。これが私が「グロー」から「プルーム・エス2.0」に乗り換えた最大の理由です。やはり臭いがあるのは気になるところです。家族からもこれなら臭いは気にならないと評判です。

吸い応えが強くなっているにもかかわらず臭いは抑えられている

「プルーム・エス2.0」の充電方法

プルーム・エス2.0レビュー充電方法

「プルーム・エス2.0」は充電がUSB Type-Cになっています。そのため、今まで使っていた前モデルの充電ケーブルは使用できません。「プルーム・エス2.0」用の充電ケーブルを使いましょう。なお、購入してすぐには使用できず、充電をしてから使い始める事ができます。

購入時は充電をしてから使用開始できる

プルーム・エス2.0レビュー充電方法

充電を開始するとお知らせランプが点灯します。LEDが4つ点灯したら充電完了です。約60分で充電が完了します。

フル充電の状態から約20本使用する事ができます。前モデルの「プルーム・エス」では10本しか使えなかったためこれは嬉しい改善です。

  • 約60分で充電が完了
  • フル充電で約20本使用可能

「プルーム・エス2.0」用の煙草スティック一覧

プルーム・エスの煙草スティック新フレーバー

現在発売されている「プルーム・エス2.0」の煙草スティックは8種類となっています。7月2日から写真のキャメルの新しいメンソールタイプの煙草スティックが追加されています。

「プルーム・エス2.0」は前モデルのプルーム・エスと同じ煙草スティックを使う事ができます。私は強烈なメンソールが好みなのでキャメルのメンソールを愛用しています。

  • メビウス・レギュラー
  • メビウス・メンソール
  • メビウス・メンソール・クールエフェクト
  • メビウス・メンソール・パープル
  • キャメル・レギュラー
  • キャメル・メンソール
  • キャメル・シトラスフレーバー
  • キャメル・アップルフレーバー

煙草スティックの価格はメビウスシリーズが各490円でキャメルシリーズが各460円となっています。

参考プルーム・エス用の新しい煙草スティック「キャメル」のフレーバーメンソール2種類を吸ってみた感想

「プルーム・エス2.0」のいい所

「プルーム・エス2.0」のいい所をまとめます。

  • 強烈なメンソール感を味わえる
  • 加熱時間が3分30秒から4分30秒になった
  • 加熱完了までの時間が早くなった
  • 1回の充電で約20本吸う事が可能
  • 前モデルと同じく臭いが他の加熱式タバコと比べて少ない

このように前モデルの不満点を見事に解消しています。ユーザーの意見を取り入れ改善しようとする企業努力が見えて好感がもてます。

「プルーム・エス2.0」で気になる所

「プルーム・エス2.0」は不満点がほぼ解消されているので何も問題はありませんが、しいて挙げるとすれば吸える時間が長くなっているものの、吸える回数は変わっておらず14パフだという所です。

なのであまり早く吸いこんでしまうと4分30秒が来ていなくても回数の上限に達してしまい終了となります。この吸い込み回数がもう少し増えてくれるとありがたいと思いました。ただ、「プルーム・エス2.0」は連続で吸う事もできるので、吸い足りない場合は連続して吸ったりしています。

あとは煙草スティックの種類が「グロー」よりも少ない所。「グロー」は様々な種類のフレーバーがありますが、「プルーム・エス2.0」は前述したように現段階では8種類しかありません。今後増えていく事を期待したい思います。

「プルーム・エス2.0」に今後期待したいところ

  • 吸い込み回数がもう少し増えてほしい
  • 煙草スティックの種類が増えてほしい

「プルーム・エス2.0」はどこで買えるのか?

「プルーム・エス2.0」は全国のコンビニで買う事ができます。他には公式のオンラインショップや楽天の公式ストアでも購入する事ができます。

さいごに:メンソール派には絶対おすすめ

プルーム・エス2.0アイス・シルバー外観

アイス・シルバーはMacと似たようなカラーなので統一感があっていい感じです。今回新しく発売された「プルーム・エス2.0」ですが、前モデルの改善してほしい所を全て改善しているだけでなく、吸い応えもアップしていておすすめの加熱式タバコとなっています。

加熱式タバコをこれから試そうとしている人だけでなく、すでに「グロー」や「アイコス」などの他の加熱式タバコを使っている人も乗り換えする価値があるデバイスだと思います。実際に私もずっとメインで使っていた「グロー」から「プルーム・エス2.0」に完全に乗り換えました。是非お試しを。

気になるけど購入するのは敷居が高いという方は定額プランで試してみる事もできます。

関連記事Ploom定額プランに新デバイス「プルーム・エス2.0」が追加。月額360円で新デバイスを使用可能

「プルーム・エス」のレビュー

【レビュー】プルーム・エスを使ってみた感想。glo(グロー)と比較して違いなどをまとめました
...

「プルーム・テック・プラス」のレビュー

【レビュー】プルーム・テック・プラスを使ってみた感想。プルーム・テックとの違いなど
...

「プルーム・テック」のレビュー

【レビュー】プルーム・テックを1ヶ月使ってみた感想。グローと比べて良いところと悪いところ
...