【レビュー】プルーム・テック・プラスを使ってみた感想。プルーム・テックとの違いなど

JTから発売されている「プルーム・テック・プラス」を試してみたのでレビューします。

以前レビューした低温加熱式タバコのプルーム・テックより吸いごたえがあるという話を聞きましたが実際のところどうだったか比較します。

プルーム・テック・プラスのレビュー

プルーム・テック・プラスの開封レビューです。

プルーム・テック・プラスの内容品

プルームテック・プラスのレビュー

このような箱に入っています。

プルームテック・プラスの付属品

箱を開封するとこのようなセットが入っています。カートリッジとたばこカプセルは別売となっています。

プルーム・テック・プラスの内容物は

  • ACアダプター
  • マイクロUSBケーブル
  • バッテリー
  • カートリッジカバー
  • カプセルホルダー
  • ユーザーガイド
  • 保証書

となっています。

プルーム・テック・プラスの組み立て方

次にプルーム・テック・プラスの組み立て方を説明します。

プルームテック・プラスの組み立て方・バッテリー部分 バッテリーの接続部分。

プルームテック・プラスの組み立て方・カートリッジカバー カートリッジカバーです。カートリッジの残量が見えるようになっています。小さい丸い穴が吸気孔です。プルームテック・プラスの組み立て方

バッテリーの接続部分にカートリッジカバーを取り付けます。この時に「カチッ」という音がするまで回します。

カチッと音がするまで回す

次に別売のたばこカートリッジをセットします。

プルームテック・プラスの組み立て方・たばこカートリッジの入れ方
別売のカートリッジです。白くなっている方を下にしてカートリッジカバーに入れます。
プルームテック・プラスの組み立て方・カプセルホルダー

カートリッジを入れたらカプセルホルダーをセットします。

プルームテック・プラスの組み立て方・たばこカプセル

カプセルホルダーをセットしたら最後に別売のたばこカプセルを差し込んで完成です。

慣れるとすぐにできますが、プルーム・テックより少し複雑になった気がします。

プルーム・テック・プラスの吸い方

セットが完成したので早速吸ってみます。以前のプルーム・テックと同じように吸い込みますが、吸う時に電源ボタンを3回素早く押す必要があります。2秒以内に3回押さなければ電源が入りませんのでご注意を。電源ボタンを長押しすると電源がオフとなります。なお、6分間何も操作をしなければ自動で電源がオフになります。

吸うときの注意点としてはカートリッジカバーにある吸気孔を塞いで吸うと故障の原因となるので注意が必要です。

  • 電源ボタンを素早く3回押す
  • 電源ボタン長押しで電源オフ
  • 吸う時に吸気孔を指で塞がない

プルーム・テック・プラスを吸ってみた感想

プルーム・テック・プラスを吸ってみた第一印象は以前のプルーム・テックよりキック感が強くなっており吸いごたえが強いと感じました。そして臭いが全くありません。吸っている事に周りが全然気がつかないレベルです。

キック感が強くなっているとは言えやはり「glo(グロー)」や「iQOS(アイコス)」などの高温加熱式タバコと比べると物足りないのは事実です。ただ、グローやアイコスのように温める時間が必要ないので時間がない時に気分転換でさっと吸いたい時や臭いが全くしないため車などの狭いところで使用するのに向いていると言えます。

  • 吸いごたえがプルーム・テックより強い
  • 臭いが全くない
  • 吸いたい時にいつでもサッと吸える

プルーム・テック・プラスの充電

プルームテック・プラスの充電のやり方

充電はこのように本体にマイクロUSBケーブルの差込口があるので差し込んで充電します。

充電時はLEDが点滅状態となります。LEDの点灯色で充電状態がわかるようになっています。

  • 充電状態約1%〜20%は紫色で点滅
  • 充電状態約21%〜99%は青色で点滅
  • フル充電になると青色で点灯し5分後に消灯

充電は空の状態からフル充電するまで約90分かかります。充電中は吸うことがでないので注意が必要です。

プルーム・テック・プラスは使用時もバッテリーの残量を確認する事ができます。電源を入れた時のLEDの点灯色で判断する事が可能となっています。

  • 100%〜21%は青色で1秒間点灯
  • 20%〜1%は紫で1秒間点灯
  • 0%は赤で1秒間点灯

赤色が点灯した時はバッテリーがありませんので吸う事ができず充電する必要があります。紫が点灯した時に充電しておいた方がよさそうです。なお、フル充電の状態からたばこカプセル5本分使用できます。

  • フル充電は90分かかる
  • フル充電でたばこカプセル5本分使える
  • 充電中は吸えない
  • LEDの色でバッテリー残量と充電状態がわかる

プルーム・テックとプルーム・テック・プラスの違い

これまであったプルーム・テックとプルーム・テック・プラスとの違いですが、写真のように明らかに大きさが違います。プルーム・テック・プラスの方が太くて長くなっています。ワイシャツのポケットに入れるとはみ出してしまいます。持ち運びやすさではプルーム・テックの方がコンパクトで持ち運びしやすいと思います。

最近プルーム・テック・プラスもたばこカートリッジの種類が増えてきてはいますがプルーム・テックの方がたばこカプセルの種類が豊富で色々な味を楽しむ事ができます。

ただし、吸いごたえは断然プルーム・テック・プラスの方が上ですのでこれは好みになってくると思います。

プルーム・テックについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

私は吸いごたえがある方がいいのでこれからはプルーム・テックよりプルーム・テック・プラスの方を使うつもりです。

よりガジェット感が増して大変気に入っています。

  • 持ち運びはプルーム・テックの方がしやすい
  • 吸いごたえはプルーム・テック・プラスの方が強い
  • プルーム・テック・プラスはバッテリー残量が把握できる

プルーム・テック・プラスのたばこカートリッジ

最後にプルーム・テック・プラスのカートリッジについてです。

プルーム・テック・プラスのたばこカートリッジは現在のところ

レギュラータイプは

  • メビウス・マイルド・ブレンド
  • メビウス・ロースト・ブレンド
  • メビウス・ゴールド・ロースト

の3種類

メンソールタイプは

  • メビウス・コールド・ミント
  • メビウス・クリア・ミント
  • メビウス・ゴールド・クリア・ミント
  • メビウス・レッド・ミント
  • メビウス・パープル・ミント
  • メビウス・ゴールド・マスカットグリーン・ミント
  • メビウス・ゴールド・イエロー・ミント
  • メビウス・ゴールド・レッド・ミント

の8種類が発売されています。発売金額はそれぞれ500円となっています。


私は普段メンソールタイプを吸っているので今回もメンソールタイプを試してみました。

たばこカートリッジには

  • たばこカプセル
  • カートリッジ

が入っています。

たばこカプセルは約50パフで交換となりLEDが青か紫で40回点滅します。たばこカプセルは5つ入っているので1箱で約250回吸うことができます。

点滅したら3秒以上ボタンを長押ししてお知らせを解除します。お知らせを解除をしてから交換しなければ使用する事ができませんのでご注意を。

プルーム・テック・プラスはリキッドの量は外から見えるため把握できますが、このたばこカプセルの50パフというのが今どれくらいなのか把握する事ができません。自分でだいたい覚えておくしかありません。そのため忘れていると突然交換お知らせが点灯するような感覚になってしまいます。だいたい今どれくらいなのか把握できればさらに良くなると思います。

  • 50パフで交換
  • 交換お知らせを解除してから使用する

プルーム・テック・プラスはどこで買えるか

プルーム・テック・プラスは全国のコンビニで買う事ができます。他には公式のオンラインショップや楽天の公式ストアでも購入する事ができます。

公式のオンラインショップは限定カラーなども購入する事ができます。本体カラーも豊富に出ているのでお好みのカラーを選択しましょう。

さいごに

今回はプルーム・テック・プラスのレビューをしました。吸いごたえはプルーム・テックより強くなっているので吸いごたえを求めている方はプルーム・テック・プラスの方をおすすめします。

味の種類を求める方はプルーム・テックの方がいいと思いますがプルーム・テック・プラスも今後カートリッジの種類はさらに増えてくると予想されます。

2020年4月の法令改正によりタバコを吸う場所が極端に減ってきているのでこのどこでもサッと吸えるプルーム・テック・プラスは持っておいて損はありません。普段は通常の紙巻きたばこやグローやアイコスなど他の加熱式タバコを使っていて状況によってプルーム・テック・プラスを使うというように使い分けて使用するのがいいと思います。私もプルーム・テック・プラスに完全に移行しようとは思いませんが使い分けていこうと思っています。

さいごにプルーム・テック・プラスのいいところをまとめます。

  • 火を使わないため火事の心配がない
  • 臭いが全く出ないため部屋の中や車でも気にせず吸える
  • 壁紙の色が変わらない
  • 吸いごたえはプルーム・テックより強い
  • 吸いたい時にサッとすぐに吸える

プルーム・エスのレビューはこちら

【レビュー】プルーム・エスを使ってみた感想。glo(グロー)と比較して違いなどをまとめました
...

プルーム・エス2.0のレビューはこちら。

【レビュー】強烈なメンソール感を味わう事ができるプルーム・エス2.0はメンソール派の方におすすめ。グローから乗り換えた理由とは
...