Anker、空間オーディオ搭載ポータブルHi-Fiスピーカー「Soundcore Motion X500」を販売開始。数量限定で20%オフに

記事内に広告が含まれています。

Soundcore Motion X500

Ankerは、本日2023年12月8日、没入感を高める空間オーディオ搭載ポータブルHi-Fiスピーカー「Soundcore Motion X500」を販売開始しています。

本製品は、Anker独自の空間オーディオアルゴリズムと、3つのドライバーにより空間全体を包み込むような立体音響を実現するポータブルHi-Fiスピーカー。

LDACコーデックを搭載し、通常のSBCコーデックと比較し、最大約3倍の情報量を送信することが可能なため、ワイヤレス接続でも原音に近いクリアな音楽を再現し、15Wのフルレンジドライバー2つを正面に、10Wのフルレンジドライバー1つを上部に搭載し、最大40Wの迫力サウンドを実現。

ハイレゾ音源再生を体験するためには、Android 8.0 以降を搭載した機器が必要。iOS端末は LDAC非対応

さらに、IPX7の防水設計のため、屋外屋内問わず、水濡れを心配することなく音楽を楽し無ことができます。

Soundcore Motion X500

Soundcore Motion X500

カラーはブラックのみ。価格は19,990円(税込)で、現在Anker公式サイトでは数量限定20%オフの15,992円で販売中。また、Amazonでは初回500個限定で20%ポイント(3998ポイント)還元中です。楽天では、12月11日(月)まで20%オフクーポンを配布中です。

■製品仕様

サイズ 約 190 x 81 x 228mm
重さ 約 1682g
オーディオ出力 40W (フルレンジ15W ×2、フルレンジ10W ×1)
防水規格 IPX7
通信規格 Bluetooth 5.3
対応コーデック SBC / LDAC / MPEG2 AAC LC
再生可能時間 最大12時間
カラー ブラック
パッケージ内容 Motion X500、USB-C & USB-C ケーブル、クイックスタートガイド、安全マニュアル、カスタマーサポート
タイトルとURLをコピーしました