Microsoft、2画面スマホ「Surface Duo 2」を1月11日より国内発売開始

記事内に広告が含まれています。

Microsoft「Surface Duo 2」の特徴

日本マイクロソフトは、Androidを搭載したデュアルスクリーンのスマートフォン「Surface Duo 2」を1月11日から国内発売することを発表しています。

本製品は、2020年9月にオンライン開催されたイベントの中で、発表されていたもので、2019年10月から米国などで販売されていた「Surface Duo」の後継モデルという位置付け。

Microsoft、2画面デバイス「Surface Duo」を9月10日発売開始。価格は1,399ドル(約15万円)から
...

「Surface Duo 2」の特徴

製品の主な特徴は以下のようになっています。

  • 5.8インチの2つの有機ELディスプレイを搭載
  • 本体を開いた状態では8.4インチ相当
  • 解像度は1344×1892ドット表示。2画面では2688×1892ドット相当
  • リフレッシュレート最大90Hz
  • トリプルレンズカメラ
  • USB Type-C対応外部接続端子
  • Snapdragon 888
  • 8GBメモリー
  • ストレージは128GB、256GB、512GBの3種類
  • ペン入力対応:Surfaceスリムペン、Surfaceペン、Surface Hub 2ペンが使用可能
  • nanoSIMカードとeSIMに対応
  • Androidアプリを2画面で2つ同時に利用可能
  • Microsoft 365やTeamsとの連携
  • カラーはグレイシアとオブシディアンの2色展開

「Surface Duo 2」の本体価格

本体価格は以下の通り。

  • 128GBモデル:184,580円(税込)
  • 256GBモデル:196,680円(税込)
  • 512GBモデル:220,880円(税込)

この他、同モデル向けのバンパーやペンカバー等のアクセサリ類も同日より販売開始されます。

購入は、マイクロソフト公式ストアやSurfaceシリーズ等を扱う量販店などで可能。

sourceSurface Duo 2 – 生産性に優れたデュアル スクリーン モバイル – Microsoft Store

タイトルとURLをコピーしました