Amazon プライムデー2024 先行セール開催中

Twitter、bot排除を理由にAPIを有料化へ。月額料金は1.3万に

Twitterは、現地時間2023年2月9日(木)より「Twitter API」を有償化することを発表しています。

APIは、ツイートの検索や取得、処理、作成するための自動的な手段をユーザーに提供するもので、サードパーティーツールを作成する開発者などが利用しています。これらが利用できなくなると、Twitterと連携している自動サービスやTwitterからデータを収集しているサービスなどに影響が出てきます。

Twitter API有償化の詳細は後日明らかにするとしていましたが、同社CEOのイーロン・マスクはツイートで有償化に至った理由やAPI利用料金に関する一部情報を明らかにしています。

それによると、無料APIはbotを使った詐欺師や意見操作者に悪用されており、検証プロセスや支払いがないことから、悪質なことに使うためのbotを簡単に作ることができてしまうため、これらを防止するための措置として今回の有料化に踏み切ったとしています。

今回有料化されるのは、これまで無料で提供していたTwitter APIのバージョン2とバージョン1.1。イーロン・マスク氏によると、ID認証を伴うAPIアクセスは月額100ドル(約13,000円)になるとのこと。

タイトルとURLをコピーしました