Amazon プライムデー2024 先行セール開催中

Twitter、良質なbotを条件に書き込み専用無料APIの提供を継続へ

TwitterのCEOイーロン・マスク氏は現地時間2月5日、フィードバックに基づき良質なコンテンツを提供するbotという条件で、書き込み専用のAPIを無料で提供することを明らかにしています。

先日、Twitterは2月9日より「Twitter API」を有償化し、月額100ドル(約13,000円)程度で提供することを発表していました。

関連Twitter、bot排除を理由にAPIを有料化へ。月額料金は1.3万に

有料化の理由として、無料APIはbotを使った詐欺師や意見操作者に悪用されており、検証プロセスや支払いがないことから、悪質なことに使うためのbotを簡単に作ることができてしまうため、これらを防止するための措置としていましたが、この発表後に無料APIを利用したサービスや良質なbotが撤退を表明したり、matstodonなどの他サービスへの乗り換えを明らかにするなどの影響が出たことにより、方針転換を図ったものと思われます。

ただ、この良質なコンテンツという判断基準については、現時点では明らかにされていません。イーロン・マスクは、例としてPépitoという猫の画像をアップしているアカウントを挙げています。

 

タイトルとURLをコピーしました