Twitter、チップ(投げ銭)を受取る事ができる新機能「Tip Jar」を発表

Twitter 投げ銭機能「Tip Jar」

Twitterは5月7日、英語圏の一部アカウントに対し、チップを受取る事ができる新機能「Tip Jar」の提供を開始しました。

Twitterの新機能「Tip Jar」とは?

「Tip Jar」を有効化できるアカウントが「Tip Jar」の機能を有効化すると、プロフィールページのフォローボタンのすぐ横に「Tip Jar」のアイコンが表示され、そのアイコンをタップすると有効化している決済サービスやプラットフォームのリストが表示されるようになります。

有効化するとフォローボタンのすぐ横に「Tip Jar」のアイコンが表示される

チップを送りたい人は、表示された決済サービスの中から選択し、チップを贈りたい金額を選んで支援することができます。

現在、対応している決済サービスは

  • Bandcamp
  • Cash App
  • Patreon
  • PayPal
  • Venmo

となっています。

また、Androidユーザーは先日発表された新機能「スペース」内でもチップを送ることが可能。

関連Twitterの新機能「スペース」の使い方。スペースの作成方法や参加方法など

関連Twitter、音声を使いリアルタイムで会話ができる「スペース」を正式に開始。フォロワー600人以上のアカウントのみ開設が可能

 

なお、受け取ったチップは、手数料を支払う必要がなく全額受取る事が可能となっています。

受け取ったチップは手数料不要で全額受取る事が可能

「Tip Jar」を有効化できるアカウントは?

「Tip Jar」を有効化できるアカウントは現在のところ、英語圏でTwitterを利用しているクリエーターやジャーナリスト、専門家、非営利団体などが対象となっており、今後対象アカウント及び言語を拡大していく予定との事です。

チップを送ることは、英語圏でTwitterを利用しているアカウントは誰でも可能となっています。

  • 「Tip Jar」を有効化できるアカウントは英語圏のクリエーターやジャーナリスト、専門家、非営利団体など一部アカウントのみ
  • チップを送ることができるアカウントは英語圏でTwitterを利用している全てのアカウント

sourceTwitter