watchOS7から「ショートカットアプリ」をApple Watchで利用可能に

海外メディア「AppleInsider」によると、この秋にリリースされるApple Watch用の次期OS「watchOS 7」では、iPhoneが接続されていなくてもApple Watchのデバイスでショートカットアプリを利用できるようになると伝えています。

Apple Watch watchOS7 ショートカットアプリ

これまでAppleはこの機能を詳しく説明していませんでしたが、watchOSのショートカットアプリのサポートを正式に発表しました。その際にはショートカットアプリをApple Watchでスタンドアロンのネイティブアクションとして使用できるか、iPhoneにテザリングしたときにリモートトリガーとして使用できるかは不明でしたが、開発者向けセッションの中でこの質問に答え、Apple Watchは接続されたiPhoneがなくてもローカルでショートカットアプリを実行できると返答しています。

Apple watch watchOS ショートカットアプリ

ショートカットアプリの便利さはiPhoneで実感していると思いますが、これがApple Watchで使えるようになるとかなり便利になりそう。しかも、Apple Watchの盤面にショートカットのアイコンを表示させる事ができるとの事で、Apple Watchからワンタップで様々な操作が可能となります。

これが実現するともうApple WatchはiPhoneユーザーの必需品になっていまいそうです。早く正式に使えるようになって試してみたいですね。

source:AppleInsider

フォローして最新情報を受け取る
Apple Watchの最新情報
この記事を共有する
ENGRAVE