Apple、Apple Watch用の次期OS「watchOS 8」を正式発表。ポートレート文字盤の追加など新機能まとめ

watchOS 8の新機能まとめ

Appleは本日(日本時間2021年6月8日2時)より開催された「WWDC21」の基調講演でApple Watch用の次期OSである「watchOS 8」を正式発表しました。

watchOS 8では、「ポートレート」文字盤の追加やウォレットでのアクセスの拡大、新しいワークアウト太極拳とピラティスを追加、およびアップデートされた呼吸アプリが提供されます。

watchOS 8の新機能は以下のとおり。

  • マインドフルネスアプリに「リフレクト」機能の追加
  • ウォレットアプリで車、自宅、ホテル、オフィスの鍵としてApple Watchが利用可能
  • ウォレットアプリに運転免許証等の身分証明書の追加が可能に
  • 睡眠時の呼吸数の記録が可能に
  • ポートレート文字盤が追加
  • 連絡先アプリが追加
  • ワークアウトに太極拳ピラティスが追加
  • AssistiveTouchが導入
  • ホームアプリの刷新
  • 集中モードの追加

詳細は以下を参考にどうぞ。

watchOS 8の新機能まとめ

マインドフルネスアプリ

watchOS 8の新機能 マインドフルネス リフレクト機能

マインドフルネスアプリの新しい機能「リフレクト」機能は、短く考えさせられるテーマを文字盤に表示することで、ポジティブな気持ちを想起するよう促してくれます。

ウォレット

watchOS 8の新機能 ウォレット

watchOS 8では、車の他に自宅、オフィス、ホテルの鍵もウォレットに追加できるようになり、Apple Watchをタップすることで解錠が可能となります。さらに、米国の対応する州を皮切りに、運転免許証や州発行の身分証明書をウォレットに追加できるようになります。

睡眠時の呼吸数の記録

watchOS 8の新機能 呼吸数の記録

watchOS 8では、「睡眠時の呼吸数の記録」が利用可能となり、1分間の呼吸回数をヘルスアプリに記録し、健康状態の把握ができるようになります。

「ポートレート」文字盤と写真

watchOS 8の新機能 ポートレート文字盤

watachOS8に搭載される新しい文字盤「ポートレート」では写真の中の人物の顔を認識し、被写体を強調するようにトリミングされ文字盤に設定可能。また、iPhoneのメモリーとおすすめの写真はApple Watchと同期し、共有シートを使い写真をメッセージやメールで共有できるようになります。

メッセージと連絡先

watchOS 8の新機能 メッセージ

watchOS8では、Apple Watchに「連絡先」アプリが追加され、連絡先の閲覧、追加、編集、連絡先の共有がアプリで直接行えるようになります。

また、メッセージアプリではスクリブル、音声入力、絵文字を組み合わせて使用することができ、音声入力されたメッセージを編集することもできます。さらに、単語または語句を入力するだけで、数百もの人気のGIFの中から選択することも可能となります。

新しいワークアウトの追加

watchOS 8の新機能 ワークアウト追加

watchOS 8は、新たなワークアウト太極拳ピラティスを導入。強力で検証されたカスタム開発の心拍数と動きのアルゴリズムによってサポートされ、正確な測定値が提供されます。

ホームアプリの刷新

watchOS 8の新機能 ホームアプリ

watchOS8では「ホーム」アプリが刷新され、部屋ごとに対応アクセサリーをコントロールできるようになります。

集中モード

watchOS 8の新機能 集中モード

集中モード」はiPhoneの「iOS15」やiPadの「iPadOS15」、Macの「macOS Monterey(モントレー)」に導入される機能と同様の機能となっています。

watchOS8では、iPhoneで設定された「集中モード」と自動的に連動し、人やアプリからの通知は、ユーザーが現在行っていることに基づいてフィルタリングされます。また、デバイス上の知能を使って、使用パターンに基づいてモードの提案をしてくれるようになります。

AssistiveTouch

watchOS 8では、AssistiveTouchが導入され、ジェスチャー操作により、ディスプレイに触れることなくApple Watchで電話の応答や画面操作ができるようになります。

watchOS 8が利用できるApple Watchの機種一覧

「watchOS 8」対応機種一覧

watchOS 8」はiOS 15以降を搭載したiPhone 6s以降のデバイスと以下のApple Watchのモデルが対応となっており、「watchOS 7」と対応デバイスは変わっていません。

  • Apple Watch Series 3
  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Series 5
  • Apple Watch SE
  • Apple Watch Series 6

watchOS 8は今秋一般公開

watchOS 8」のデベロッパー向けプレビューは本日6月8日より「developer.apple.com」を通じて「Apple Developer Program」メンバーに提供されます。

デベロッパー以外の一般ユーザーに対しては、来月中にパブリックベータ版が「beta.apple.com」で提供される予定となっています。

なお、一般公開の正式リリースは今秋(9月)に行われる予定です。