Apple Watch

Apple、一部不具合を修正する「watchOS 9.6.1」をリリース

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

watchOS 9.1

 Appleは、現地時間2023年8月15日、Apple Watch用OS「watchOS」の最新版「watchOS 9.6.1」をリリースしています。

このアップデートでは、手足の震え(振戦)とパーキンソン病に関連する症状を記録するためにMovement Disorder APIを使用するアプリでモーションデータへのアクセスが妨げられる問題の修正が含まれています。

セキュリティ関連の修正は特にありません。

参考:Apple セキュリティ リリース – Apple サポート

なお、本アップデートはApple Watch Series 4 以降のデバイスが対象でiOS 16.4以上を実行しているiPhoneが必要となっています。

Apple Watchのアップデートは、iPhoneの「Watchアプリ」「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行う事が可能です。

なお、watchOSをアップデートするためのApple Watchの条件は以下のとおりとなっています。

  • Apple WatchがiPhoneの通信圏内にある
  • Apple Watchが充電器に接続されている
  • Apple Watchが50%以上充電されている
タイトルとURLをコピーしました