Surfaceデバイスの約半分が「Windows11」にアップグレードできず。「Windows 11」を利用可能となるSurfaceデバイス一覧

Microsoftは米国時間2021年6月24日(日本時間6月25日)、次期OSである「Windows 11」を正式発表しました。

Microsoft、「Windows 11」正式発表。変更点まとめーAndroidアプリが利用可能など

 

2017年以前のSurfaceデバイスは「Windows11」にアップグレードできない

PC WorldがMicrosoftに確認したという情報によると、Surfaceの約半分のデバイスが「Windows11」にアップグレードすることができないとのことです。その理由としては、システム要件のTPM2.0コプロセッサーに対応していないためと考えられています。

Microsoftはこれまでに25種類のSurfaceデバイスを発売していますが、そのうち「Windows 11」の対象となるのは13種類のみとなっており、Microsoftの「Surface Pro」の多くがアップグレードの対象となっておらず、ビジネス用の「Surface Hub」や「Surface Studio」も対象外となっています。つまり、2017年以前に発売されたSurfaceデバイスは「Windows 11」のアップグレード対象とならないということになります。

Windows 11にアップグレードができるSurfaceデバイスの一覧

Windows 11にアップグレードが可能となるSurfaceは以下のとおりとなっています。

  • Surface Book 3(2020年5月)
  • Surface Book 2(第8世代Intel CPUを搭載したモデルのみ)(2017年11月)
  • Surface Go 2(2020年5月)
  • Surface Laptop 4 13.5インチ(2021年4月)
  • Surface Laptop 4 15インチ(2021年4月)
  • Surface Laptop 3 13.5インチ(2019年10月)
  • Surface Laptop 3 15インチ(2019年10月)
  • Surface Laptop 2(2018年10月)
  • Surface Laptop Go(2020年10月)
  • Surface Pro 7+(2021年2月)
  • Surface Pro 7(2019年10月)
  • Surface Pro 6(2018年10月)
  • Surface Pro X(2019年11月)

「Windows 11」にアップグレード出来ない場合でも「Windows 10」は2025年10月14日までサポート継続される予定となっており、アップグレードができなくてもそのまま「Windows 10」を利用可能です。

Microsoft、「Windows 11」を利用可能となるプロセッサのリスト一覧を公開
...

sourcePC World