Apple

Apple、6月10日よりWWDC24を開催。AI関連の発表が中心か

WWDC24

Appleは、現地時間2024年6月10日より開発者会議「WWDC24」を開催することを発表しています。日本時間では、6月11日午前2時スタートとなります。

「WWDC24」は、昨年と同様オンライン形式で開催され、6月14日までの期間Apple DeveloperアプリApple DeveloperウェブサイトYouTubeから誰でも視聴することができます。

また、初日の10日にApple Parkにて対面形式で終日開催される特別イベントでは、デベロッパと学生が開会を祝う機会が設けられます。この特別イベントは参加人数に限りがあり、申し込みに関する詳細はApple DeveloperサイトおよびApple Developerアプリから確認可能です。

「WWDC24」では、iOS 18やiPadOS 18、macOS、watchOS、tvOS、visionOSなど各種ソフトウェアの進化について紹介されるほか、デベロッパがAppleのエキスパートに直接アクセスできる機会や、新しいツール、フレームワーク、機能に関する知見が提供されます。

AppleのGreg Joswiak氏はXに「It’s going to be Absolutely Incredible!(それは絶対に信じられないことになるだろう!)」と投稿しており、単語の頭文字からAIを示唆していると思われ、以前からの噂通り「WWDC24」では、AI関連の発表が中心となることが見込まれています。

なお、ソフトウェアの発表が中心となる「WWDC」ですが、昨年は「Apple Vision Pro」や「MacBook Air」「Mac Pro」「Mac Studio」といったハードウェアの新製品も発表されているため、今年も何らかの新製品が発表される可能性があると思われます。

Appleの最新情報

Apple、重要なバグ修正を含む「visionOS 1.1.2」をリリース
新型「iPad Pro」と新型「iPad Air」は5月6日の週に発売へ
iPhone 16シリーズの金属製モックアップが公開。全モデルにアクションボタン・キャプチャボタンが搭載
Beatsの新型ワイヤレスヘッドホン「Beats Solo4」の仕様が明らかに。価格は現行モデルと変わらず発売日は5月2日
Apple、新機能を導入するiWork各アプリ「Pages/Numbers/Keynote」のバージョン14.0をリリース
タイトルとURLをコピーしました