人気メールアプリ「Spark」にチームでメールアカウントを管理できる新機能「共有受信トレイ」が追加〜M1チップ登載Macを正式サポート

Spark 新機能

Readdleの人気メールアプリ「Spark」が「バージョン2.10.0」にアップデートし、新たな機能「共有受信トレイ」が追加されました。

新機能「共有受信トレイ」とは

新機能として追加された、チームでメールアカウントを管理できる「共有受信トレイ」機能は、同僚やプロジェクトチームメンバーと一緒に受信トレイを管理でき、受信した新着メールをタスクのようにメンバーに割り当てたり、返信期限を設定したり、返信状況を追跡することが可能。また、リアルタイムで一緒にメールを作成することもできます。

  • メールをメンバーに割り当てる
  • 期限を設定して進捗状況を追跡する
  • メールについてチームメンバーとチャットのように話し合うことができる
  • リアルタイムで一緒に新しいメールを作成

共有受信トレイ」機能はMac版とiOS版で利用でき、Android版は今後2週間にわたって展開される予定とのことです。

Spark「共有受信トレイ」機能の設定方法

共有受信トレイ」機能の設定方法は以下のとおりとなっています。

共有メールアカウントに新規メールアカウントを追加し設定する方法

  1. Sparkを起動し、最新バージョンに更新
  2. Sparkの設定を開き、「アカウント」タブをクリック
  3. 左下の「 + 」ボタンをクリック
  4. 「共有メールアカウント」をクリックし新しいアカウントを追加
  5. 既存のチームを選択するか、新しいチームを作成
  6. GmailまたはGoogleWorkplaceアカウントでログイン
  7. 共有受信トレイで共同作業するチームメンバーが選択可能に

Sparkで作成した既存のメールアカウントを共有メールアカウントに設定する方

  1. Sparkを起動し、最新バージョンに更新
  2. Sparkの設定を開き、「アカウント」タブをクリック
  3. 「プライベートアカウント」で、共有するアカウントを決める
  4. 右下の「アカウントをチームと共有」をクリック
  5. チームを選択しそのチームとアカウントを共有することを確認
  6. 「下メンバー右側の」タブからチームメンバーを追加することが可能

M1チップ搭載Macを正式サポート

この他、「Spark」のMac版では、M1チップ搭載Macにネイティブ対応しています。

最新版のバージョン2.10がリリースされており、M1チップ搭載Macを正式サポートし、ネイティブ対応となっています。

Spark – メール

Spark - メール

公開日: 2015年5月29日 / 料金: 無料

App Store
Google Play

2021年7月時点の情報です。