ソフトバンク、「Pixel 8/8 Pro」ユーザー向けにソフトウェア更新を実施。5分間程度発着信ができなくなる場合がある事象の改善

記事内に広告が含まれています。

ソフトバンクは、本日2024年2月6日、「Google Pixel 8/8 Pro」を利用しているユーザー向けに、ソフトウェア更新の実施を案内しています。

このソフトウェア更新では、先日案内されていたソフトバンク回線で「Google Pixel 8/8 Pro」を利用している場合、ごくまれに5分間程度、発着信ができなくなる場合がある事象の改善が行われているほか、動作安定性の向上やセキュリティ向上などが行われています。

関連ソフトバンク、「Pixel 8/8 Pro」ユーザーに対し2月1日以降5分間程度発着信ができなくなる場合があると案内。回避方法も案内

ソフトウェア更新にかかる通信料は無料。更新完了には最大20分程度かかる場合があるとしており、更新中は発着信を含むスマートフォンの各機能の利用は不可。

また、故障の原因となるため、更新中は絶対に電源を切らないようにすることと電池切れとならないように十分に充電した状態で更新するように案内されています。

なお、更新後のソフトウェアバージョンはビルド番号:UQ1A.240205.004.B1となります。

ソフトバンクユーザーで「Google Pixel 8/8 Pro」を利用している方は、早めに更新しておきましょう。

更新手順など詳細は以下リンクからどうぞ。

参考Google Pixel 8、Google Pixel 8 Proをご利用中のお客さまへ(2024年2月6日) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

タイトルとURLをコピーしました