Amazon プライムデー2024 先行セール開催中

Apple、モバイルデバイス管理機能を導入する「visionOS 1.1」をリリース

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

Appleは、現地時間2024年3月7日、「Apple Vision Pro」用OSのアップデート「visionOS 1.1」をリリースしています。

このアップデートでは、企業向けのデバイスの構成、導入、管理を可能にするモバイルデバイス管理 (MDM) 機能が導入されているほか、ペルソナの改善、ホームビューからシステムアプリを削除する機能、その他の機能、バグ修正、セキュリティアップデートも含まれています。

visionOS 1.1での変更点

モバイルデバイス管理

  • 管理対象 Apple ID を使用して、アカウント主導のデバイスとユーザーの登録を有効にします
  • デバイス構成のサポート (Wi-Fi、VPN、電子メール アカウント、シングルサインオンなど)
  • iPhone および iPad と互換性のあるアプリ、Universal 購入に含まれるvisionOSアプリ、独自の社内visionOS アプリなどのアプリの大量展開のサポート
  • MDM およびデバイス インベントリ データを介したリモート消去のサポート

メッセージ

  • iMessageコンタクトキー認証のサポートを追加

アクセシビリティ

  • Apple イマーシブ ビデオの視聴中にクローズド キャプションを再生コントロールに固定可能に

Persona(ベータ版)とEyeSight

  • ペルソナをハンズフリーで登録するオプションを追加
  • ヘアメイクの見た目を改善
  • 首と口の表現を改善
  • EyeSightの目のレンダリングを改善

仮想キーボード

  • テキスト入力時のカーソル位置がより正確に
  • 仮想キーボードの配置によってテキスト入力フィールドが見えにくくなるいくつかのインスタンスを解決
  • 仮想キーボードのテキストプレビューがアプリのテキストフィールドと同期していないように見える問題を修正
  • 編集メニューが予期せず表示される問題を修正

Mac仮想ディスプレイ

  • Mac Virtual Display を使用したMacの検出と接続の信頼性が向上
  • ユニバーサルコントロールが機能しなくなる問題を解決
  • 過去にペアリングしたBluetoothデバイスが見つからない場合に発生する接続の問題の改善

キャプティブ Wi-Fi ネットワークのサポート

  • ホテル、カフェ、空港などのキャプティブWiFiネットワークを使用しながらデバイスをセットアップする機能をサポート

セキュリティ修正では、アクセシビリティやSafariの脆弱性やカーネルメモリ保護をバイパスできる可能性がある問題など合計16の脆弱性が解消されています。すでに悪用された可能性がある脆弱性も含まれているので、早めのアップデートを推奨します。

「Apple Vision Pro」のアップデートは、「設定」→「一般」→「ソフトウェア アップデート」から利用可能です。

なお、「設定」ウィンドウには、現在インストールされているvisionOSのバージョンと、アップデートが利用可能かどうかが表示されるようになっています。

参考About the security content of visionOS 1.1 – Apple Support

タイトルとURLをコピーしました