Microsoft、「Windows 11」を10月5日より提供開始 ー Androidアプリはリリース当初非対応

Windows 11 特徴

Microsoftは本日、次期OS「Windows 11」を10月5日より提供開始することを発表しました。

ユーザーインターフェイスを一新し、ゲーム体験の強化など新たな要素が盛り込まれている「Windows 11」は、「Windows 10」搭載パソコンからの無償アップグレードに対応しており、「Windows 11」がインストールされたPCの販売も開始されます。

関連記事Microsoft、「Windows 11」正式発表。変更点まとめーAndroidアプリが利用可能など

「Windows 11」の特徴のひとつである、Androidアプリを利用できる機能は、10月5日のリリースでは利用できず、今後数ヶ月以内にWindows Insiders向けのプレビューでテストが開始される予定。

なお、「Windows 11」対応機種かどうか確認できる「PC Health Check」アプリは当初リリースされたものの一旦取り下げられていますが、近日中にリニューアルして再登場するとのこと。

この他、「Windows 10」については、2025年10月14日までサポートされることが案内されています。

sourceMicrosoft